最上もが「制服が戦闘服」だったころを回想!「SNS離れをしたい人にオススメしたい」ものとは?

最上もが「制服が戦闘服」だったころを回想!「SNS離れをしたい人にオススメしたい」ものとは?5

『Inspired by INFOBAR』発表会が開催!

 タレント・最上もがが30日、都内で『Inspired by INFOBAR』発表会に登場した。

 2003年10月にKDDI株式会社が発売を開始してから長くファンに愛されているケータイシリーズ『INFOBAR』が15周年記念として復活し29日から発売。その『INFOBAR』のファンを公言する3組のクリエイターを迎え、ぞれの視点で『INFOBAR』への愛着を表現した『Inspired by INFOBAR』をお披露目するというもの。最上はこの『Inspired by INFOBAR』のモデルを務めた。

 白いワンピース姿で登場した最上。15年前のINFOBARのことをトークすることとなり、「中学生のときは持たせてもらってなかったし、すごく憧れがあって、欲しいなと思っていました」と、当時から憧れのケータイだったという。

 発売当時は中学生だったという最上は、「その頃は暗くて」と、苦笑い。「でも、バスケット部を頑張ってやっていました。体育会系でしたね」と、スポーツ少女だったそうだが「ネットゲームにその頃からハマってましたね」と、このころからキャラクターとしてはブレなかったのだとか。

 さらに、「ファッションにはすごく興味はあったんですけど、センスが無いと思っていたので、見る専門でした。当時、親に服を買ってもらって着るという感じで。制服が戦闘服で、それがあればほかの服を着なくてよかったので」と、懐かしんだ。

 そんなよもやま話をしながら、今回『INFOBAR』の新作ができると聞いて、「当時の懐かしい記憶が蘇って嬉しかったです。いやもう、買いましょうとなりましたね」と、喜んだそう。では使い方をどうするかへ、「すごくオシャレだなと思うので、普通の人よりオシャレをアピールできると思うんです。会社の携帯と2台持ちする方が多いと思うんですけど、そういうときに、会社用の『INFOBAR』だったらオシャレじゃんと思ってました」としたり、「SNS離れをしたい人にオススメしたい」と提案もしていた。

 イベント後半には、コラボした1人、ファッションデザイナー・小野原誠氏の作品の衣装にお色直しして登場。「『INFOBAR』になっている気持ちを感じました」と、茶目っけたっぷり。手にした『INFOBAR』で「橋本環奈ちゃんがボイス入りスタンプを出していたので、連絡をとってみたい」と、笑っていた。

 終了後の囲み会見では年の瀬ということもあり、来年の話題を振ると、「個人的に声のお仕事をしたいと思って。お芝居にもつながるのでいい形になってくるんじゃないかって。来年公開の映画もあるんですけど、役を演じるというのは楽しいお仕事なので増やしていけたらいいなと思います」と、女優の方面での仕事を考えているようだった。

最上もが「制服が戦闘服」だったころを回想!「SNS離れをしたい人にオススメしたい」ものとは?6

最上もが「制服が戦闘服」だったころを回想!「SNS離れをしたい人にオススメしたい」ものとは?4

最上もが「制服が戦闘服」だったころを回想!「SNS離れをしたい人にオススメしたい」ものとは?1

最上もが「制服が戦闘服」だったころを回想!「SNS離れをしたい人にオススメしたい」ものとは?3

最上もが「制服が戦闘服」だったころを回想!「SNS離れをしたい人にオススメしたい」ものとは?2

最上もが「制服が戦闘服」だったころを回想!「SNS離れをしたい人にオススメしたい」ものとは?7

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする