郷ひろみ 石川遼選手のもとに駆けつけ!ゴルフと自身の共通点や「2億4千万の瞳」を踏まえたコメントも

郷ひろみ 石川遼選手のもとに駆けつけ!ゴルフと自身の共通点や「2億4千万の瞳」を踏まえたコメントも4

郷ひろみが石川遼選手のもとに駆けつけ!

 プロゴルファー・石川遼選手(27)、歌手・郷ひろみ(63)が31日、都内で『フューチャーGOLFツアー2019協賛記念プレス発表会』に登場した。

 株式会社TSIグルーヴアンドスポーツが展開しているゴルフウェアブランド『バーリーゲイツ』が今年ブランド設立30周年を迎えることを記念し、プロゴルファーたちが集まる大会『フューチャーGOLFツアー2019』に協賛することを決定。石川選手は同大会の立ち上げからメインで携わっており、郷はその応援サポーターとして駆けつけた。

 まずは石川選手から大会の狙いとして、ゴルフ界の活性化があるといい、「観客数とファンをいかに増やすかだと思います。ゴルフ場が明るく活気のある場所になればいいなと思っています。若い世代の子たちにゴルフの楽しさを知ってほしい。プロの雰囲気を一緒に回って感じてほしいなと考えています」と、訴えつつ、「来年以降も小さくてもいいので長く続けられ、地域の方の活性化にもつながるものにできれば」と、展望を口に。

 続けて郷が登場。ステージ衣装のようなヒョウ柄ジャケット姿だったが、会場にはほかにもプロゴルファーの芹澤信雄選手、藤田寛之選手の衣装を見ながら、「すごく何を着ようか考えたんです。お2人の格好に対抗できるのはヒョウ柄しかないなって。これで一目瞭然で郷ひろみだなと思ったもらえる」と、郷らしさ全開のコメントで、会場の笑いを誘った。

 自身とゴルフについて郷は「最初にゴルフをしたのは19歳のときなんです。初めてラウンドしたのは宮﨑のカントリークラブで、スコアはまったく覚えてないんですけど、そのとき、まだまだ一般的なスポーツではなかったなと感じたことを覚えています」と、しみじみと振り返りながら、ゴルフとの共通点へ「それが広くの方に愛されるスポーツになってきて、プロゴルファーでもないのにゴルフが好きなのかというのを思うと、僕の人生に似ているんです。いいときもあるし、悪いときもある。僕が歩んできた人生と同じなんじゃないかなって思うんです。楽しいときもたくさんあったけど、苦しいこともたくさんあって、それを乗り越えることで、楽しさが増していくというか。それと、僕みたいなアマチュアでも長く長くできる、スポーツなんじゃないかなと思っています。石川プロのひたむきな思いと真摯な思いで取り組みをしていて、僕ができることがあればと思って馳せ参じました」と、思いの丈を。

 会見ではさらに、郷から石川選手らに、ゴルフのコツを尋ねることもあり、「ドライバーの飛距離を短い時間で伸ばすにはどうしたらいいんですか?」と問うと、石川選手は「クラブを強く握らない。軽く持つことで腕をしならせるような感じになるんです」と、ポイントを押さえたレクチャーで、郷も聞き入っていた。

 ほかにも、郷へはどう応援していきたいかへ「ゴルフの大会に行くなりして協力したいなって思っています。大会で実際にその人達の感覚を感じられるのではないかなと思います」と話していると芹澤選手から「ゴルフ応援歌を作ってほしい」とリクエストされ郷は「僕、『ジャパン!』としか言わないんですが、やりたいですよね」と、自身の代表曲の1つ『2億4千万の瞳』を引き合いにしたウイットに富んだ返しで「歌手郷ひろみとしてはできることはしたいと思います」と、気持ちを新たにしていた。

郷ひろみ 石川遼選手のもとに駆けつけ!ゴルフと自身の共通点や「2億4千万の瞳」を踏まえたコメントも1

郷ひろみ 石川遼選手のもとに駆けつけ!ゴルフと自身の共通点や「2億4千万の瞳」を踏まえたコメントも3

郷ひろみ 石川遼選手のもとに駆けつけ!ゴルフと自身の共通点や「2億4千万の瞳」を踏まえたコメントも2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする