浅田真央、食い気たっぷり「色気ゼロ!」のツッコミもなんのその「結局はスケートをやっていてよかったということです」

浅田真央、食い気たっぷり「色気ゼロ!」のツッコミもなんのその「結局はスケートをやっていてよかったということです」1

 フィギュアスケーター・浅田真央(28)が31日、都内でディズニー映画『メリー・ポピンズ リターンズ』(監督:ロブ・マーシャル/配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン)の前夜祭イベントに出席。「ついにリターンズが放映される!心あたたまる素晴らしい夢の物語なので、ぜひ楽しんで観てほしい!」と熱烈PRした。

 ちょっと上から目線な魔法使いメリー・ポピンズが、母を亡くしピンチに陥ったバンクス一家のもとに舞い降りる…という物語。2012ー2013年シーズンのエキシビジョン・ナンバーで『メリー・ポピンズ』の楽曲を使用するほど、本シリーズの大ファンの浅田は、傘と手をバッグを手に自身がメリー・ポピンズに扮した氷上演技と最新CG、アニメによる3分間の特別映像「魔法のエキシビジョン」まで製作。

 ファンになったきっかけについては「2012年、22歳のときにメリー・ポピンズの楽曲に出会った。そのときは悩みもあってスケートもうまくいかない時期で、明るく楽しくなるということで、メリー・ポピンズの楽曲を勧められてエキシビジョンで踊ったら、そのとても明るく元気のよい曲に、私も一気に元気になっていった記憶がある」としみじみ。

 この日は自身が選曲、振付を担当した「魔法のエキシビジョン」もスクリーン上で放映されたが、「メリー・ポピンズの楽曲を4曲使って、これ以上ないぐらい滑った。フィギュアの技もたくさん入っているので、最低でも5回は観てほしい」と目を輝かせた。

 作品のお題にちなんで、もしも自身が魔法使いになったら?の問いには「食べることが大好きなので、たくさん食べられる胃袋を2個もらって、そのうえでいくら食べても太らない魔法を自分自身にかけたい」といまだ食欲旺盛!? MCから「色気ゼロ!」とツッコまれ、「そんなこと(色気のこと)思いもしませんでした。遠いですねぇ。いつになるんでしょうか?」と苦笑いしていた。

 それでも最近心がカラフルになったエピソードについては「これですね!2012年に出会って素敵だなと思ったメリー・ポピンズの楽曲をまさかまた今度はメリー・ポピンズの姿で踊れるとは思ってもいなかったし、リターンズで帰ってくるとはWでハッピー! スケートをやっていなければメリー・ポピンズには出会えていなかったし、結局、スケートをやっていてよかったということです」と自身を冷静に分析していた。

 作品は2月1日公開!

浅田真央、食い気たっぷり「色気ゼロ!」のツッコミもなんのその「結局はスケートをやっていてよかったということです」2

浅田真央、食い気たっぷり「色気ゼロ!」のツッコミもなんのその「結局はスケートをやっていてよかったということです」3

浅田真央、食い気たっぷり「色気ゼロ!」のツッコミもなんのその「結局はスケートをやっていてよかったということです」4

浅田真央、食い気たっぷり「色気ゼロ!」のツッコミもなんのその「結局はスケートをやっていてよかったということです」5

浅田真央

浅田真央、食い気たっぷり「色気ゼロ!」のツッコミもなんのその「結局はスケートをやっていてよかったということです」6

魔法使い姿で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする