田中圭「いろんな場所で脱がされるようになって」と苦笑い!“すごい胸筋”に「ヤバイなって」と戦々恐々

田中圭「いろんな場所で脱がされるようになって」と苦笑い!“すごい胸筋”に「ヤバイなって」と戦々恐々4

田中圭が受賞後に囲み会見に登場!

 俳優・田中圭(34)が7日、都内ホテルで『2019年 第43回 エランドール賞』表彰式後に、囲み会見を開いた。

 エランドール賞は、1956年に日本映画テレビプロデューサー協会が制定した賞。新人賞は日本国内において当該年度中の12月1日から翌年11月30日までの間に、上映または放映されたテレビドラマ作品に出演した俳優であることや、出演した作品で新鮮かつ優秀な演技をした者などが選出されている。田中は志尊淳、葵わかな、永野芽郁、中村倫也、松岡茉優とともに新人賞を受賞したことから登壇となった。

 芸能活動20年というベテランの域だが新人賞ということへ感想を求められると、「そんな別に新人というところには引っかかってなくて」と、サバサバと返答。

 昨年大活躍だっただけに、エランドール賞の受賞へ期待していたかへは、「獲れたらいいなという事務所の含みはありました」と、こちらも意識はしていなかったようだが、実際にもらえて「嬉しいです」と笑みも見せた。

 最近、体作りでも話題になるという田中は、「そんな気合は入ってないです。イヤイヤです」と笑いつつ、「ずっと長期でやってたら、それをいい体だと言われて、去年そう言われていろんな場所で脱がされるようになって。先日、次の作品の台本をもらってみたら、『すごい胸筋!』って書いてあって、ちょっとヤバイなって」とのことで、「それが終わったらタルタルにしょうかな」と、いたずら心も見せていた。

 ほかにも、現在「忙しいか暇かといえば、忙しいですね」と、多忙という田中だが、「唯一の休みに人間ドック入れたんです。それが舞台休演日の前日なんですが、何も飲めないし食べれなくて」と、悔しがっていた。

 ※授賞式の模様はコチラ!(田中圭エランドール賞壇上で「僕は何も変わってない」と訴え!「いい1日」とニッコリ

田中圭「いろんな場所で脱がされるようになって」と苦笑い!“すごい胸筋”に「ヤバイなって」と戦々恐々2

田中圭「いろんな場所で脱がされるようになって」と苦笑い!“すごい胸筋”に「ヤバイなって」と戦々恐々5

田中圭「いろんな場所で脱がされるようになって」と苦笑い!“すごい胸筋”に「ヤバイなって」と戦々恐々3

田中圭「いろんな場所で脱がされるようになって」と苦笑い!“すごい胸筋”に「ヤバイなって」と戦々恐々1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする