櫻井孝宏「えいがのおそ松さん」は「僕は楽しかった」!18歳の自分にかける声をハライチ岩井イジられあたふたすることも

櫻井孝宏「えいがのおそ松さん」は「僕は楽しかった」!18歳の自分にかける声をハライチ岩井イジられあたふたすることも2

『えいがのおそ松さん』完成披露舞台あいさつが開催!

 劇場版『えいがのおそ松さん』(監督:藤田陽一/配給:松竹)完成披露舞台あいさつが15日、東京・丸の内ピカデリーで開かれ、松野おそ松役の櫻井孝宏、主題歌『Good Goodbye』を担当した歌手・Dream Ami、脚本を担当した松原秀氏、藤田監督が登壇し、司会はお笑いコンビ『ハライチ』の岩井勇気が務めた。

 漫画家・赤塚不二夫の名作ギャグ漫画『おそ松くん』を原作とし、大人になってもクズでニートだけど、どこか憎めない6つ子を描いて、TVアニメは2期まで放送され人気を博したTVアニメ『おそ松さん』。本作では、過去の世界に迷い込んだ6つ子たちが、18歳の自分に会いに行くという物語となっており、これまでのファンも、初めて観る方も思い切り笑えてホロリと泣ける仕上がりだ。

 銀幕への登場ということで櫻井は「いつか映画でおそ松さん観たいなってキャスト同士で冗談めかして話していたんです。まさかこの日が迎えられるなんて……ちょっと思っていたんです(笑)」と、自身でも期待する部分があったのだとか。

 さらに、「未知をこの作品は作り上げていったなって思います。みなさんが何を期待してこの作品を観に来ていらっしゃるのか分かりませんが、松原さんが爆笑の脚本を頑張りましたので」と、松原氏のハードルを上げる。

 これに松原氏も「ウケるのかおいと思っていて……」と、声のトーンが小さくなりがちだったが、櫻井は本作の内容へ「どういう話になるのかなって思いました。『おそ松さん』ってなんでもありな作品じゃないですか。すぐ死んじゃうし。死を超越する常識を突き破る作品なので、僕は映画的な感動もあり、笑いもありという王道な作品をと思ったら、本当にそうなっているんです。僕は楽しかったです」と、感想を寄せ、松原氏も胸をなでおろしていた。

 一方、Amiは『おそ松さん』へ、「ブームに乗っかってLINEスタンプを使っていたので」と、もともと触れていたそうで、今回の起用にも「嬉しいな光栄だなと思っていて」と、喜んだのだとか。しかし、「ファンの方が多くて、期待されているぶん、私ちゃんと務められるかなって思って。やるからには自分で作詞したいなって思って。いざやってみると、何が正解かわからなくなって、みなさんい納得してもらえる曲ってなんだろうと思って。さっき、お3方から『今回の主題歌いいですね』と言われてこれで良かったんだって」と、手応えを感じたそうだ。

 作品にかけて自身の18歳のときのことへ、櫻井は「18歳の僕はダラダラ生きてたんです。なんとなく毎日繰り返している感じで決めきれてなくて。18歳で声優になろうと思ったので、発破かけるために、いまのまま頑張りなと言いますね」と、エールを送るのだとか。すると岩井が「このまま行けば声優として最高の状態になるぞってことですか?」と、イジると櫻井はあたふたしながら「そうですね」と、話す楽しげな一幕もあった。

 壇上には18歳バージョンの六つ子も駆けつけ、場内には歓声もあがるなか、櫻井から「世界を救うことはできませんが、観に来てくださったみなさんを笑顔にできる映画だと思っています」と、アピールしていた。

 劇場版『えいがのおそ松さん』は3月15日より全国ロードショー!

櫻井孝宏「えいがのおそ松さん」は「僕は楽しかった」!18歳の自分にかける声をハライチ岩井イジられあたふたすることも3

櫻井孝宏「えいがのおそ松さん」は「僕は楽しかった」!18歳の自分にかける声をハライチ岩井イジられあたふたすることも1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする