加藤雅也、松本利夫、若旦那らがハードボイルド作品へ熱い思い!中村ゆり「ロマンを持って生きるって素敵」とうっとり

加藤雅也、松本利夫、若旦那らがハードボイルド作品へ熱い思い!中村ゆり「ロマンを持って生きるって素敵」とうっとり4

映画『影に抱かれて眠れ』完成披露上映会が開催!

 俳優・加藤雅也、中村ゆり、『EXILE』松本利夫、カトウシンスケ、『湘南乃風』の若旦那が6日、東京・丸の内TOEIで映画『影に抱かれて眠れ』(監督:和泉聖治/配給:BS-TBS)完成披露上映会を和泉監督らとともに開いた。

 作家・北方謙三氏のハードボイルド小説『抱影』を映画化。横浜を舞台に男と女のさまざまな思いが複雑に交錯していく作品。

 主人公・硲冬樹を演じた加藤は「今から1年ほど前の猛暑の中で撮影した映画で、このようにお披露目できる日が来たことを光栄に思います」と、心境を。中村は登壇者のなかで紅一点だが「見た目はちょっといかつくて怖いお兄さんに囲まれながらの撮影になりました(笑)。ですが、みなさんが少年のように映画を作っている姿を見て、この映画同様にロマンを持って生きるって素敵だなと感じました」と、胸キュンすることもあったよう。

 そんな中村を加藤は「監督が『ヒロインは中村さんしかいない』と言っていたけれど、初めて中村さんとお会いした時に本当に透明な方で……。監督の言っている意味がわかりました」と、賛辞を送り、中村は照れつつ「加藤雅也さんはダビデ像みたいに美しくて、クールな方なのかと思ったけれど、お互い関西人で近所のお兄さんみたいに気さくな方でした」と、“お返し”していた。

 一方、松本は「実は最初と最後のシーンが僕なんです。いいポジションをいただきました。その辺も観てください」と話したり、若旦那は「役をもらった時にオーダーされたのは、食べ方を汚くするということ。でもその食べ方から僕の中で映画が始まった気がします。ただそれが豚足で……。手づかみで食べたのでにおいが2週間くらいとれなくて困りました」と、苦労したそうだ。

 そして加藤から「日本ではハードボイルドやフィルムノワールの映画を作るのが難しくなっている。その中で今回のような作品が完成したのは嬉しいです。このような映画がもっと支持されて、もっと作っていきたいという思いがある。多くの人に観ていただき、宣伝していただきたい」と、メッセージを寄せていた。

 映画『影に抱かれて眠れ』は9月6日より全国順次公開!

加藤雅也、松本利夫、若旦那らがハードボイルド作品へ熱い思い!中村ゆり「ロマンを持って生きるって素敵」とうっとり5

加藤雅也、松本利夫、若旦那らがハードボイルド作品へ熱い思い!中村ゆり「ロマンを持って生きるって素敵」とうっとり3

サイン入りボールの投げ入れも

加藤雅也、松本利夫、若旦那らがハードボイルド作品へ熱い思い!中村ゆり「ロマンを持って生きるって素敵」とうっとり2

加藤雅也、松本利夫、若旦那らがハードボイルド作品へ熱い思い!中村ゆり「ロマンを持って生きるって素敵」とうっとり1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする