高橋一生“腕組み大名”に苦い顔!濱田岳と仲良く壇上で遠慮のない“小競り合い”

高橋一生“腕組み大名”に苦い顔!濱田岳と仲良く壇上で遠慮のない“小競り合い”7

樽の中身のソバを見て驚く高橋

 俳優・高橋一生(38)が30日、東京・丸の内ピカデリーで映画『引っ越し大名』(監督:犬童一心/配給:松竹)初日舞台あいさつを俳優・星野源(38)、高畑充希(27)、及川光博(49)、濱田岳(31)、犬童監督とともに開いた。

 『超高速!参勤交代』シリーズで新たな時代劇のジャンルを開拓した作家・土橋章宏氏の傑作時代小説『引っ越し大名三千里』が原作。テーマは国替えこと“引っ越し”!その“引っ越し”を幕府から生涯に7回も命じられ、『引っ越し大名』と呼ばれた実在の大名・松平直矩(なおのり)のエピソードを基に、お国の一大事を救うため、姫路藩の藩士たちが、あらん限りの知恵と工夫で引っ越しを乗り切ろうと奮闘する物語。高橋は星野演じる主人公・片桐春之介の幼馴染で春之介を表舞台へと引っ張り出す鷹村源右衛門役を演じた。

 高橋は「きょうはこうやって来ているみなさんと一緒にいられて嬉しいです」と、爽やかな笑み。

 撮影へ「過酷は過酷でしたけど、できあがった画を観て救われましたね」と、完成作を観てしみじみ。「炎天下でも楽しく過ごせていたので」というが、濱田とはとくに仲良く“小競り合い”をしていたようで、濱田が「僕、高橋とは楽しくやってましたよ。ちょっと天然だから」と言ってる最中に高橋が「あっ、ごめん、ごめん!ごめんって!!」と思い切りかぶせるという、遠慮のないやりとりぶりを披露。

 その後も、高橋が濱田へ「このやろう」と荒々しい言葉を使ったり、現場で濱田に向かって話していたことは「悪口です」といって濱田から「どうかしてるぞ!」と、応酬が繰り広げられることに。しかし、星野は慣れたもので「現場はこんな感じです」と、ひょうひょうと話して笑いを誘った。

 イベント中盤には作品にかけて、キャスト陣に“●●大名”とつけるならという質問が。高橋が濱田へ「難癖大名です。現場で岳ちゃんに怒られてばっかりで萎縮、萎縮でした」と“仕掛ける”と濱田は「そういうやり方なんだな。よっしゃわかった」と、一旦切る。

 そして濱田は高橋へ「ブーブー言ってるからそこを拾ってあげただけです。変な空気にならないように気を使ってあげていたんですよ」と“逆襲”し高橋は「あっ、そう来た?」「ありがと」と、そっけなく返す。

 これを見ていた星野は「どっちも言っていることは正しいです。でも、これで仲良いのがすごいですよね」と、険悪になりそうな雰囲気を丸く収めていた。

 一方、犬童監督から高橋へ「“腕組み大名”ですかね。撮影場所でも星野さんと話していても腕組みしていて」というと、これは心当たりがあるのか苦い顔。「着物だと所作的にそうなるのかも」と、慌てながら釈明することもあった。

 映画『引っ越し大名』は全国公開中!

 ※関連記事
 ・星野源 高橋一生と濱田岳が「罵り合っていて」と暴露でその真相とは?高畑充希が“ふざけた番組”出演に「確かに(笑)」とうなずくことも
 ・高橋一生 星野源とは“源ちゃん”“いっちゃん”の仲!「ドキドキしながら撮影」

高橋一生“腕組み大名”に苦い顔!濱田岳と仲良く壇上で遠慮のない“小競り合い”4

苦い顔な高橋一生

高橋一生“腕組み大名”に苦い顔!濱田岳と仲良く壇上で遠慮のない“小競り合い”5

腕を組んで考える

高橋一生“腕組み大名”に苦い顔!濱田岳と仲良く壇上で遠慮のない“小競り合い”7

樽の中身のソバを見て驚く高橋

高橋一生“腕組み大名”に苦い顔!濱田岳と仲良く壇上で遠慮のない“小競り合い”1

高橋一生“腕組み大名”に苦い顔!濱田岳と仲良く壇上で遠慮のない“小競り合い”2

高橋一生“腕組み大名”に苦い顔!濱田岳と仲良く壇上で遠慮のない“小競り合い”3

高橋一生“腕組み大名”に苦い顔!濱田岳と仲良く壇上で遠慮のない“小競り合い”6

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする