ボイメン小林豊、SKE48大場美奈ドラマ「ヴィレヴァン!2」にゲスト出演!ロケ地も決定で実存の店舗に

ボイメン小林豊、SKE48大場美奈ドラマ「ヴィレヴァン!2」にゲスト出演!ロケ地も決定で実存の店舗に1

 “ボイメン”こと『BOYS AND MEN』小林豊、『SKE48』大場美奈が、今年10月クールより放送予定のドラマ『ヴィレヴァン!2 ~七人のお侍編~』(メ~テレ)にゲスト出演することが26日、発表された。

 本作はヴィレッジヴァンガードを舞台にしたドラマ『ヴィレヴァン!』の続編で、前作の1年後描いたもの。今度はイオンモール内のヴィレッジヴァンガードを舞台に岡山天音、森川葵、最上もが、本多力、『私立恵比寿中学』柏木ひなた、平田満、滝藤賢一ら主要キャスト全員続投となり、第1弾と同様、後藤庸介氏がメガホンを取っている。

 そんななかゲストとなる小林は、イオンモールのマジメな店舗責任者、大場美奈はイオンモールで働くギャル店員役での出演となる。

 ロケ地は、名古屋市港区西茶屋に実際に存在するイオンモール名古屋茶屋。巨大ショッピングモールの全面協力の下、この夏、撮影を敢行するという。なお、ヴィレッジヴァンガード本店・イースト店でも撮影を予定しているとのこと。

 ■STORY
 オンモール店に異動となった杉下は、驚きの窮状を目の当たりにする。店員たちはナマケモノよりノロく、その目は死んだ魚のよう。モール内のルールや警備員の監視、他店舗からの敵対視などで完全に縮こまったスイングしかしていないのだ。死にかけの店員たちは言う。ヘンテコグッズは仕入れNG、接客態度をチェックされる、爆音イベントや閉店後の野球大会の禁止、何よりも売上重視……様々な「敵」の存在を聞いて戦慄する杉下だったが、何のことはない、一般常識的には<当然>レベルのことだった!  「我々サブカル戦士は、常識やコンプライアンスと闘わなければならない!」。杉下は、「適材適所」かつての仲間を集めることにする。
 小松、今中、山本、岩瀬、権藤、川上…モール店で働くのを嫌がる彼らを、杉下はあの手この手で仲間に誘う。集められた七人のお侍は、その個性を武器に、再起をかけて「常識」と戦うのだ!

ボイメン小林豊、SKE48大場美奈ドラマ「ヴィレヴァン!2」にゲスト出演!ロケ地も決定で実存の店舗に2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする