北川景子 映画「さんかく窓の外側は夜」に出演発表!平手友梨奈と共演シーンで撮影後に平手がバックハグしながら「ねぇ撮って」と甘える姿も

北川景子 映画「さんかく窓の外側は夜」に出演発表!平手友梨奈と共演シーンで撮影後に平手がバックハグしながら「ねぇ撮って」と甘える姿も1

 22日に公開予定の映画『さんかく窓の外側は夜』(監督:森ガキ侑大/配給:松竹)に女優・北川景子が出演していることが18日、発表となった。

 本作は、霊が“祓える男”冷川(岡田将生)と“視える男”三角(志尊淳)のふたりが、“除霊”という特殊能力を使って怪奇事件の解決へ挑む、除霊ミステリー作品。平手は、事件を追う中でふたりが出会った“呪いを操る謎の女子高生”非浦英莉可(ヒウラエリカ)役で出演する。

 北川は、街中を歩いているところをヒウラエリカに呼び止められ、エリカから呪いをかけられる弁護士・慶子を演じる。北川と平手といえば、2018年の平手主演の映画『響-HIBIKI-』で共演し、以降今でも交流があるという仲。今回は「呪いをかける・かけられる」という役どころとはなるが、撮影では再共演を喜び合い、撮影合間には和気あいあいな2人の姿も。

 さらに、今回メイキング写真に加え公開されたメイキング映像では、打ち合わせ中に平手が北川の右うでをギュッとにぎり、くっついて楽しそうに北川と一緒に笑う姿も。さらには、1シーンのみの出演である北川が先にクランクアップを迎えると、平手は北川に駆け寄ってハグしたり、北川をバックハグしながらスタッフに「ねぇ撮って」と写メをとってもらうように甘えながらおねだりし、「終わってほしくない……」と、北川との撮影終了を悲しむ平手の様子も窺えるものとなった。

 ■メイキング映像
 https://youtu.be/c6W0-quF2ww

 ※関連記事
 ・【祈祷写真有】平手友梨奈 花園神社で真剣な面持ちでご祈祷!二十歳になったら岡田将生&志尊淳と「お出かけとかしたい」

 ※記事内写真は(c)2021映画「さんかく窓の外側は夜」製作委員会 (c)Tomoko Yamashita/libre

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする