乃木坂46西野七瀬ら「あさひなぐ」号泣の初日舞台あいさつ!「私たち自身の青春も詰まっているような作品」

乃木坂46西野七瀬ら「あさひなぐ」号泣の初日舞台あいさつ!「私たち自身の青春も詰まっているような作品」2

乃木坂46西野七瀬ら「あさひなぐ」号泣の初日舞台あいさつを開催!

 アイドルグループ『乃木坂46』の西野七瀬(23)、桜井玲香(23)、松村沙友理(25)、白石麻衣(25)、伊藤万理華(21)、生田絵梨花(20)、女優・富田望生(17)が22日、東京・TOHOシネマズ新宿で映画『あさひなぐ』(監督:英勉/配給:東宝映像事業部)初日舞台あいさつを英監督とともに開いた。

 第60回小学館漫画賞を受賞した漫画家・こざき亜衣氏の同名作が原作。高校女子なぎなた部の真剣勝負や青春などを描いている。運動音痴ながらなぎなたを始めた主人公・東島旭役を映画初出演にして初主演となる西野、旭が憧れる先輩・宮路真春役を白石麻衣、2人の前に立ちはだかるライバル・一堂寧々役を生田が演じる。

 この日は初日ということで、“勝負衣装”である道着に防具姿で登場した面々。西野は「結構久しぶりにこの防具をつけたんです。みんなで『試合のシーン思い出すね』って言っていました」と、久々に部活動するような感じを漂わせながらあいさつをスタート。

 本作の撮影へ「なぎなたを知らなくて、実際、どんな感じかなとふわーっとしていました。原作を読んでも、専門用語が多くて難しいなって」と、率直に話し、「芝居もこれは私たちはやらんやろうなと思っていました」と、全部自身らで演じることになるとは思っていなかったそうで「けど……さい……」と、何かを言いかけてやめてしまうことも。

 そんな状態だったが、西野は「できたらいいなっていうので変わっていったので、監督さんに直談判をして『自分でやりたいです』と言って」と、気持ちも変わっていったそうだ。

 それだけに、キャラクターへ気持ちも入っていたようで、伊藤は「3年生の引退試合のシーンは、先輩にあいさつしてはけていくんですけど、自然に先輩という気持ちが強くて、実際に涙が出てきて」と、泣いてしまったのだとか。それでも「それは映っていないんですけど……」と、オチをつけていた。

 ほかにも、富田が『乃木坂46』の楽曲『インフルエンサー』の振り付けを教えてもらったということで、実際に会場でその振りを披露し、全員手拍子やダンスを入れるなど大盛り上がりとなっていた。

 そして終了……かと思いきや、キャスト陣へなぎなた指導した全日本なぎなた連盟の吉井和代氏からの手紙が司会から読み上げられ、1人1人へのメッセージが。ついには、吉井氏&同連盟所属の大学生の方々がサプライズ登場して花束をプレゼント!となりこれにはキャスト陣も号泣と感動的な光景が広がり、西野は「教えて頂いてなぎなたを知ることができたのが嬉しいです」と、伝えた。

 西野から「私たち自身の青春も詰まっているような作品です」とPRしていた映画『あさひなぐ』は絶賛公開中!

乃木坂46西野七瀬ら「あさひなぐ」号泣の初日舞台あいさつ!「私たち自身の青春も詰まっているような作品」1

乃木坂46西野七瀬ら「あさひなぐ」号泣の初日舞台あいさつ!「私たち自身の青春も詰まっているような作品」3

乃木坂46西野七瀬ら「あさひなぐ」号泣の初日舞台あいさつ!「私たち自身の青春も詰まっているような作品」4

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする