「YAグラ姫2017」ファイナリスト7人が発表!白の水着姿で抱負&特技披露や意識する人も

「YAグラ姫2017」ファイナリスト7人が発表!白の水着姿で抱負&特技披露や意識する人も3

「YAグラ姫2017」お披露目会見が開催!(左からイジリー、葵、池田、木内、田仲、MIYU、横山、浦)

 『YAグラ姫2017』お披露目記者会見が10日、都内で行われファイナリスト7人が発表され司会はタレントのイジリー岡田(53)と浦えりか(31)が務めた。

 本イベントは雑誌『ヤングアニマル』(白泉社)の次世代プリンセスを決定するオーディション。総エントリー数100人から『花ちらし組』の葵あおい(19)、『桃色革命』の池田優花(17)、『閃光ロードショー』の木内くるみ(23)、『WiLL』の田仲はな(20)、『CHERRSEE』のMIYU(19)、『PPP!PiXiON』の横山あみ(21)、夏目愛海(19)の7人が選出され、今後ハガキや投票サイト、DMM.yellなどで投票バトルを行い勝者は海外ロケなうえ2018年1月26日発売の『ヤングアニマル』で単独グラビアを飾ることとなる。

 夏目はこの日舞台のため欠席となったが、6人が白の水着姿で訪れ、さっそくお披露目。それぞれアピールポイントを挙げることに。

 葵は「私、お尻がチャームポイントですね。それを武器に頑張っていければと思っています。グランプリを獲るために育乳も始めて、2つ上がってBだったのがDにあがって、グランプリまでにはFになろうとツイッターでも公言しています!」。

 池田は「大きい口と、自分では思わないんですけど、大きい口です。線の細さもあります。グランプリを獲ったら、水着ライブをしたいと思っています!」。

 木内は「全部が小さいところがポイントです!全部がちっちゃいから、誌面ではサイズがバレないですし、貧乳の良さを伝えていこうと思います!」。

 田仲は、「撮影のときより大きくなった胸とぽっちゃりしたボディーです。芸能の活動を始めて4ヶ月ですけど、豆乳を毎日飲み続けて、胸を大きくし続けてきています!」。

 MIYUは、「ダンスで鍛えたおなかとか、ウエストとかも細くなるように鍛えています。いろんなアーティストで学んだ、自分のスとかを見せれる人になりたいと思っています。このチャンスはつかみたいなと思っています!」。

 横山は「グラビアとしての体型が1番合っていると思います。魅力がある方がたくさんいますけど、これを通して成長してその後もいろんなところにつながるように頑張っていきたいです」。

 ほかにも6人それぞれの特技や、『ヤングアニマル』にかけたアニマルポーズを披露。記者たちからは1人1人に参加者の中で意識しているファイナリストを挙げてもらい、「木内くるみちゃんです。大好きで仲もよくて舞台も一緒だったので」(葵)、「横山あみさんがグラビアだなって。負けないようにしたいです」(池田)、「葵あおいちゃんです。グラビアという新しい場所に立っておっぱいも成長させて、私も負けじと育乳を頑張りたい!」(木内)、「横山あみさんです。顔と体が好きで私も頑張ろうと思いました」(田仲)、「みんなライバルですけど葵あおいさんは唯一同い年なので意識しちゃいました。でも、みんなで頑張りたい」(MIYU)、「くるみちゃんです。SNSとか見ていて自分の撮られ方をわかってるなって思って」(横山)と、火花が散る瞬間もあった。

「YAグラ姫2017」ファイナリスト7人が発表!白の水着姿で抱負&特技披露や意識する人も1

序盤は緊張気味な様子も

「YAグラ姫2017」ファイナリスト7人が発表!白の水着姿で抱負&特技披露や意識する人も2

アニマルポーズも披露

「YAグラ姫2017」ファイナリスト7人が発表!白の水着姿で抱負&特技披露や意識する人も4

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする