小栗旬&山田孝之が刑事役でバディに「2人でできるのは感慨深い」!小栗が知る山田の“機能”とは?

小栗旬&山田孝之が刑事役でバディに「2人でできるのは感慨深い」!小栗が知る山田の“機能”とは?4

小栗旬&山田孝之が刑事役でバディに!

 俳優・小栗旬(34)、山田孝之(34)が5日、都内で富士通スマートフォン『arrows』2017 年冬モデル新商品・新CM記者発表会に登場した。

 スマートフォン・タブレットの『arrows』シリーズから、スマートフォン『arrows NX F-01K』、タブレット『arrows Tab F-02K』、『らくらくスマートフォン me F-03K』などの新商品が展開。小栗と山田は『割れない刑事(でか)』として6日から『arrows NX F-01K』新CM『追跡』篇、WEBCM『読めない』篇、『似てない』篇に刑事役で出演しバディとなる。

 『追跡』篇では、雨のなか犯人を追跡する2人。山田はスマホを出そうとして手を滑らせて落とし画面が割れてしまい「割れちゃったじゃないか!」と嘆くと小栗は「逃げちゃったじゃないか!」という掛け合いがあり、緊張感がある中でコミカルな芝居が楽しめる。『読めない』篇では、片手で画面を拡大表示できる新機能のExliderをアピールしたり『似てない』篇では山田と小栗が犯人の似顔絵を描くことでやりとりする楽しい仕上がりとなる。

 CMと同じくスーツ姿で登場した小栗と山田。場内に敷かれたレッドカーペットを闊歩し、ファンから熱視線を受けた。

 『追跡』篇へ小栗は「同僚のデカです。真面目タイプと野性味あふれる刑事という設定と聞いて臨んでいます」というが、実際に公開されると、客席から笑いがあがり、山田は「みなさんのいる場で観られるというのは恥ずかしいですね」と、苦笑いしつつ、「観たら絵が格好良くてよかったなって」と、感想を。

 一方『読めない』篇へ、小栗は「山田くんがアドリブをしてくれて、歌う部分も台本には『ららら』としか入ってなくて、どうしようと言っていたんですけど、山田くんがやってくれて、やっぱりこの人おもしろいなぁって」と、山田を称える。

 しかし、Exliderの機能の話題になると、小栗は「片手で拡大したいときはよくありますよ。それってどんなとき?」と、雑なパスを山田に渡し、山田は焦りつつ「よくありますよ。手がもう1本欲しいときとか」と、やけくそ気味にセリフを吐いて、2人で笑い合う一幕も。

 そんな仲のいい2人は小栗から誘ってバッティングセンターに一緒に行って山田のスマホの画面がバッキバキに割れた誘った小栗の方がより深くヘコんでいたという話。さらに、山田によると小栗とプライベートで会うペースへ、「月1くらいだったけど、最近は2ヶ月に1回になりましたね」という状況が明かされることも。

 しかも、小栗は、「山田くんはグルメで美味しいお店を知っているんです。自分で珍しいものを食べたいときは、山田くんに連絡するんです。そうしたら山田くんから何個かジャンルが送られてきて、『きょうの旬くんはどんな気分ですか?』って。いい機能だなって(笑)。『仕事でこの地方に行くんだけど』というと、こういうおいしいものがあるよと言ってくれて」と、山田に頼っている部分もあるそうだ。

 イベントでは鏡割りなどもありつつ、小栗から、「2人でできるのは感慨深いねと言いながらでした。楽しく臨ませて頂きましたので、『割れない刑事』を応援して頂けたら」と呼びかけ、山田からは、「初めて出会ったのは18年前で、一緒に仕事をしたのも14年ぐらい前で、こんなに長く一緒に仕事をすると思っていませんでした。まだみなさん観ていないCMもあるので楽しみにしていてください」と、PRしていた。

小栗旬&山田孝之が刑事役でバディに「2人でできるのは感慨深い」!小栗が知る山田の“機能”とは?1

小栗旬&山田孝之が刑事役でバディに「2人でできるのは感慨深い」!小栗が知る山田の“機能”とは?2

小栗旬&山田孝之が刑事役でバディに「2人でできるのは感慨深い」!小栗が知る山田の“機能”とは?3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする