和牛・川西賢志郎が細かいことにこだわるボケで水田信二がツッコむ逆転したコンビ「真鯛」に!赤衣装で「かなり緊張しました…!」

和牛・川西賢志郎が細かいことにこだわるボケで水田信二がツッコむ逆転したコンビ「真鯛」に!赤衣装で「かなり緊張しました…!」2

 お笑いコンビ『和牛』の水田信二(41)と川西賢志郎(37)が株式会社モスフードサービスの新商品『日本の生産地応援バーガー 真鯛カツ<愛媛県愛南町>』のPR動画『芸歴15年「和牛」のボケツッコミ逆にしたらどうなる?【漫才】』に出演している。

 新商品は、愛媛県・愛南町の新鮮な真鯛を使った期間限定のもの。『和牛』がボケとツッコミを逆転させたコンビ『真鯛』として登場し、いつもと違った漫才とともにそのおいしさを伝える。

 普段は青を取り込んだ衣装を着ることが多い2人だが、『真鯛』では赤を基調とした衣装で登場。細かい話を展開する川西に、水田がツッコむという姿を見せている。動画の終盤にはメイキングも映っており、川西が「ちょっとだけ『もうええわ』を俺を意識してくれた?」と問いかけると、「めちゃくちゃあれだけ自信ある」と、返す姿も楽しめる。

 今回の動画へ、水田は、「僕の地元である愛媛県産の真鯛を使用した新商品がでるとのことで、とても嬉しいです」と、地元愛を窺わせつつ、「モスバーガーは、高校生の時にめっちゃ仲良い友人が働いていて、よく食べに行っていたこともあり、とても思い入れがあります(笑)。ボケ・ツッコミ入れ替えての漫才動画は初だと思うのですが、かなり緊張しました…!おもしろい動画になっていると思うのでぜひ見てください!」と、メッセージを。

 一方、川西は「(ボケ・ツッコミの)立場を入れ替えての漫才をさせてもらって、新しい体験をすることができました!今まで見たことのない新しい一面を『真鯛』としてお見せできる動画になっていると思うので、完成が楽しみです!水田くんの出身地の真鯛をぜいたくに使った真鯛カツバーガー、みなさんにもぜひ食べてもらいたいです」と、アピールした。

 なお、5月24日には、新商品と引換可能な「ポチッとギフト」が当たるTwitterキャンペーンをモスバーガー公式Twitterアカウントにて。また、5月25日には、メイキング動画として、楽屋での食レポ動画もモスバーガー公式Twitter・YouTubeチャンネルにて公開を予定している。

 ■『芸歴15年「和牛」のボケツッコミ逆にしたらどうなる?【漫才】 』

 ※和牛過去関連記事
 ・和牛・水田信二「“水田紘菜”です」に川西賢志郎も「“川西賢志郎菜”です」!ゆりやんレトリィバァのボケに乗っかる水田に川西巻き込まれる展開連発
 ・和牛・水田信二と川西賢志郎が料理でバトル!レベル差ある川西へ応援レシピも募集へ
 ・和牛5Gで川西賢志郎は会場で水田信二は中継でのホログラム漫才披露!川西から「発想がクズ!」とツッコまれた水田が戦々恐々とした理由とは?

和牛・川西賢志郎が細かいことにこだわるボケで水田信二がツッコむ逆転したコンビ「真鯛」に!赤衣装で「かなり緊張しました…!」1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする