大竹しのぶ、名作舞台主演で「わかっていたはずなのに、こんなに芝居が豊かなものだとは思わなかった」

大竹しのぶ、名作舞台主演で「わかっていたはずなのに、こんなに芝居が豊かなものだとは思わなかった」

2002年の蜷川幸雄演出以来、15年ぶりに不朽の名作舞台「欲望という名の電車」の主演を務める大竹しのぶが、芝居に対して新境地。「楽しい夢のような稽古の時間が終わってしまった…」と嘆く作品の仕上がり具合は!? 一方、2年ぶり舞台出演の北村一輝が報道陣の前でポロリと一言…。