【平昌五輪】フィギュアスケート坂本花織選手、自己ベスト更新で6位入賞「10代で一度経験したから、次はもっと自信を持って臨める」

【平昌五輪】フィギュアスケート坂本花織選手、自己ベスト更新で6位入賞「10代で一度経験したから、次はもっと自信を持って臨める」1

 平昌オリンピックは23日、フィギュアスケート 女子シングルFS(フリースタイル)を行い、坂本花織選手(17=シスメックス)が登場。伸びやかな演技でショート同様、自己ベストを更新する滑りで得点136.53点(合計209.71点)も、メダルには届かず6位入賞を果たした。

 曲は映画『アメリ』より。冒頭のトリプルフリップ+トリプルトウループのコンビネーションジャンプを成功させると、トリプルサルコウもきれいに着氷。ステップシークエンス、フライングシットスピンでつなぎ、トリプルルッツを成功させる。

 トリプルフリップ+ダブルトウループのコンビネーションジャンプでは、ダブルトウループの時に片手を上にあげて飛ぶ。これも難なく成功させる。チェンジフットコンビネーションスピンからダブルアクセル+トリプルトウループ+ダブルトウループの3連続コンビネーションジャンプでも最後のダブルトウループのときに片手を上げて飛ぶ。

 ここまで、全てジャンプを成功させている坂本。コレオシークエンスから、トリプルループだったが、ここで初めて着地が乱れて、減点される。次のダブルアクセルを飛び、足替えのコンビネーションスピンからビールマンでまとめて、フィニッシュへ。

 何度かうなづいて笑顔を見せた。得点は136.53点(合計209.71点)の自己ベスト更新で6位入賞を果たした。

 坂本選手は、「(今日のフリー終えて、最後は笑顔で終わりましたが、いかがでしたか?)ノーミスで出きなかったことは悔しかったんですけど、この場でやりきったという気持ちはすごくあったので、笑顔で終わろうと思って、最後は笑顔になりました。
 (演技始まる前にリンクに立って、緊張感が満ち満ちているのかなと感じたんですけど、そのあたりどうでしたか?)いつも以上に緊張したんですけど、そんな悪影響を及ぼすほどの緊張ではなかったので、思いっきりやろうと思ってやりました。
 (17歳で初めて経験したオリンピックの舞台。どんな舞台ですか?)10代で1回経験したら、次はもっと自信を持って臨めると思うので、この歳で経験できてよかったなぁと思います
 (4年後に向けて、ますます期待するファンは多いと思いますが?)せっかくなら連続で出たいなぁと思います。
 (今日は、たくさんの人が日本で応援していると思いのます。最後にメッセージを)と奥から応援してくださって、本当に力になったので感謝だけです。ありがとうございました」


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする