高橋恭平主演作になにわ男子初映画主題歌!本予告&本ポスタービジュ

高橋恭平主演作になにわ男子初映画主題歌!本予告&本ポスタービジュ2

 アイドルグループ『なにわ男子』高橋恭平が主演し2023年3月3日より全国公開予定の映画『なのに、千輝くんが甘すぎる。』(監督:新城毅彦/配給:松竹)。本作の本予告篇と本ポスタービジュアルが15日、解禁となった。

 漫画家・亜南くじら氏が講談社『月刊デザート』にて連載し210万部超えの、次から次へと登場する女子憧れの胸キュンシチュエーションが話題の同名人気コミックの実写映画化。ギャップ男子とのヒミツの“片想いごっこ”という今までにない甘酸っぱいドキドキなシチュエーションを展開していく。高橋は、周囲には無自覚な塩対応をするが、ヒロインにだけは甘すぎるモテ男子で陸上部のエースで学校イチのイケメン・千輝彗(ちぎら・すい)(※原作表記は千輝慧)役、ヒロインの如月真綾(きさらぎ・まあや)役には俳優・畑芽育、千輝のライバルでもある手塚颯馬(てづか・そうま)役を板垣李光人、真綾の親友役・小原知花(おばら・ちか)役を莉子が演じる。

 本予告は、陸上部のエースで学校一のイケメン千輝くんが、失恋して落ち込む真綾に「片想いごっこ」を提案するというドキッとする場面から始まり、「片想いごっこ」のルールや様子が映し出されると、周囲には塩対応だけど真綾にだけは甘い千輝くんの胸キュンシーンが次々と飛び出す。

 映像の後半には、板垣演じる千輝のライバル・手塚が登場し、あま~い映像から一変、恋の波乱を予感させる、展開が気になる予告篇となっています。

 なお、本予告篇にも使用される主題歌は、『なにわ男子』初の映画主題歌となる『Special Kiss』に。映画の世界観に寄り添った“甘い”ラブソングで、恋と青春が詰まった本作を爽やかに彩る。さらに、主題歌『Special Kiss』を収録した、『なにわ男子』4枚目のシングルは、2023年3月8日(水)に発売予定。詳細は、12月15日(木)午前11時にJS HPにて解禁されるとしている。

 一方、本ポスタービジュアルは、クールな表情の千輝くんが真綾を抱き寄せ「世界一しあわせな片想い」を表わすかのような甘いビジュアル。なお、本予告篇とポスターは、12月16日より全国の上映劇場にて順次展開予定となることもアナウンスされた。

 ■本予告映像
 https://youtu.be/I-SI_2gIfso

 ■STORY
 人生初の告白に見事に玉砕した高校2年生の失恋女子・真綾(畑芽育)。落ち込んでいるところを、陸上部のエースで学校一のイケメン男子・千輝くん(高橋恭平)に見られてしまう。モテモテなのに周囲には塩対応な千輝くんが、なぜか真綾に提案したのは、なんと“片想いごっこ”!「好きな人、無理に探すくらいなら、俺に片想いすれば?」 片想いごっこの条件は、絶対に好きにならないことと、まわりにバレないこと。好きになってはいけない約束なのに、優しくて自分にだけ甘すぎる千輝くんとの秘密の関係に、真綾の気持ちは次第に揺れ動いていき…。千輝くんの本当の気持ちは?二人の恋の行方は―――?

 ※高橋恭平過去記事
 ・高橋恭平「メタモルフォーゼの縁側」原作者驚きの裏話な舞台挨拶
 ・高橋恭平 映画初出演でクランクインの日のアドリブはハンバーガーだった理由とは?芦田愛菜に「アドバイスを頂きたい」に場内爆笑で教えてもらったものも
 ・高橋恭平 熱中できるものがあるっていいなと悩む一面も!芦田愛菜主演映画「メタモルフォーゼの縁側」本編映像解禁

 ※記事内画像は(c)2023「なのに、千輝くんが甘すぎる。」製作委員会 (c)亜南くじら/講談社

スポンサーリンク
借金問題解決

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする