生田斗真、ヤン・イクチュン2024年5月公開の「告白 コンフェッション」W主演発表

生田斗真、ヤン・イクチュン2024年5月公開の「告白 コンフェッション」W主演発表1

ティザーポスタービジュアル

 俳優・生田斗真、ヤン・イクチュンが2024年5月に公開予定の映画『告白 コンフェッション』(監督:山下敦弘/配給:ギャガ)をW主演することが10日、発表。あわせてティザーポスタービジュアル、特報映像も解禁となった。

 漫画『カイジ』をはじめとした作品で知られる漫画家・福本伸行氏と、『沈黙の艦隊』などで知られる漫画家・かわぐちかいじ氏がタッグを組み、1998年にヤングマガジンアッパーズで連載されたコミックが原作。

 物語は、大学山岳部OBの浅井と石倉が登山中に遭難するところから始まる。事故によって死を覚悟した石倉は、長年背負ってきた十字架を降ろすため、自分が過去に犯した“殺人”を浅井に告白してしまう。しかし、その直後、眼前に山小屋が出現し、2人は一命を取り留める……。死を覚悟した親友の最期の“告白”を聞いてしまった男と、言ってしまった男。山小屋内で進んでいく、2人のこの上なく気まずい一夜を、圧倒的なスリルとスピード感で描ききっている。

 告白を“聞いてしまった男”、浅井啓介役を生田が演じる。浅井は、一見するとエリートの好青年風だが、どこか掴みどころのないキャラクターということも特徴。

 一方、自らの罪をうっかり“言ってしまった男”、リュウ・ジヨンを演じるのはイクチュン。イクチュンといえば、彼が監督・脚本・主演をつとめた『息もできない』(10)は、国際映画祭・映画賞で25以上もの賞を受賞。さらに、日本でW主演をつとめた『あゝ、荒野 前編/後編』(17)では日本国内で高い評価を集め、数々の映画賞を受賞したことでも知られる。原作では日本人の石倉というキャラクターだった設定をイクチュンを起用することにより、韓国から来た留学生のジヨンへと変更がされた。

 メガホンは、『リンダ リンダ リンダ』『苦役列車』、『オーバー・フェンス』などの作品で高い評価を集め、映画『カラオケ行こ!』の公開も控える山下敦弘氏が務める。

 公開されたティザーポスタービジュアルでは、助かってしまった浅井とジヨンの“気まずい”一夜の始まりを予感させる、不穏且つ、ユニークな写真とキャッチコピーが躍る。

 特報映像では、福本氏とかわぐち氏の原作コミックの圧倒的なインパクトを誇るイラストのたたみかけから始まり、浅井(生田斗真)とジヨン(ヤン・イクチュン)が雪山で遭難しているシーンへと移っていく。足に大怪我を負ったジヨンを「大丈夫」と懸命に励ます浅井。そんな浅井に、ジヨンは突如として語りかけます。「最期に聞いてくれ。さゆりは俺が殺した」と…。16年前にその山で行方不明となり事故死とされた二人の同級生の西田さゆりは、ジヨンが殺害したという。自ら犯した罪にさいなまれ、苦しみからようやく解放されて安堵したジヨンだったが、事態は急転。なんとその直後、二人は「助かってしまった」のだった――。死を覚悟した親友の[告白]を“聞いてしまった男“と、うっかり“言ってしまった男”。山小屋の暖炉を囲む二人の間には、そこはかとなく気まずく、不穏な空気が流れ始める。その“気まずさ”が臨界点に達したとき、2人の行く末は……。

 今回の発表にあわせ生田、イクチュン、山下監督それぞれからコメントが寄せられた。以下全文。

 ●生田斗真
 ――ご出演オファーを受けられてのご感想?
 ここまで閉鎖的な空間で、出演者はほぼ二人と言っていいくらいのミニマムな世界観の中で、展開すること。そして何よりもヤン・イクチュンさんとお芝居ができるのが楽しみでした。

 ――演じられた役柄について
 この映画は冒頭、ある男とある男が遭難して山小屋に逃げ込んで、そこからお互いの関係性や、二人に何が起きたのかなどが明らかになっていきます。前情報としてお伝えできることが多くはないですが、ヤン・イクチュンさんの怖い顔と、それに怯える私が演じる浅井というのが、ハラハラドキドキして楽しんでもらえる大きな要素の1つになっていると思います。

 ――劇場公開を待つお客様へのメッセージ?
 本当にドキドキする、最高にスリリングな作品になっていると予想されます。この映画は、始まりと終わりでガラリと世界観が変わるような作品だと思いますので、是非、公開を楽しみにしてほしいと思っています。

 ●ヤン・イクチュン(リュウ・ジヨン役)コメント
 ――ご出演オファーを受けられてのご感想
 初めてオファーを受けたのが、4年前でした。ですので、とにかく頑張ろうという気持ちでした。4年の歳月を経て、シナリオも変わっていきました。完成したこの映画が、4年間の努力の結晶として素晴らしい出来栄えになれば良いと思っています。

 ――演じられた役柄について
 人間は誰でもミスや失敗をするもので、大きな失敗をした時に、一人の人間として、その状況でどのように自分の感情を隠し、その感情から抜け出すか、もがくものです。私はジヨンが浅井のようで、浅井がジヨンのようだと感じます。人間は時に弱くて怖がりです。その醜い感情をどのように表現するかを悩みました。

 ――劇場公開を待つお客様へのメッセージ
 最近は家で映画やドラマをよく見ますよね。もちろん、そういった作品もとても面白くて素晴らしいのですが、劇場で観る映画的な快感は失われているように思います。この作品が、劇場ならではの快感を味わえる映画になって欲しいなと思います。観客の皆さんに、そんな気分を味わって頂けると嬉しいです。

 ●山下敦弘監督
 2018年に企画を立ち上げましたが、難航するシナリオ作業、さらにコロナ禍での2度の撮影延期という憂き目を経て、ようやく映画化することが出来ました。
 途中、何度も心が折れそうになりましたが、どうにか形にしたいという監督としての意地と、プロデューサーたちの粘りの結晶が映画『告白 コンフェッション』です。
 絶対に劇場で観てください。

 ・特報映像(34秒)Youtube公式リンク
 https://www.youtube.com/watch?v=6wVRhb-B4cs

 ※記事内画像は(c)2024 福本伸行・かわぐちかいじ/講談社/『告白 コンフェッション』製作委員会