香取慎吾ドキュメンタル目玉メガネで応戦!六平直政“笑劇”

香取慎吾ドキュメンタル目玉メガネで応戦!六平直政“笑劇”1

 17日よりPrime Videoで配信されている「『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン 11 UNLIMITED」。本作の本編映像と場面写真が19日、解禁となった。

 『ダウンタウン』松本人志(53)による人気バラエティシリーズ。芸人たちが参加費1人100万円を支払い、密室内で制限時間6時間のうちにあの手この手で「笑わせ合う」というルール。笑ってしまいレッドカードが出たら即退場という厳しいものだが、最後まで残った1人が賞金1000万円+松本が用意した100万円を手にして帰ることができる。シーズン11の今回は、お笑い芸人の出場はなんとゼロ!『氣志團』綾小路翔、『新しい地図』香取慎吾、上地雄輔、貴乃花光司氏、高橋克典、六平直政、『MY FIRST STORY』森内寛樹の7人が参加したシリーズ初の
“異種格闘技戦”となった。

 バトル開始序盤。参加者同士がまだ手の内を探り合う中、白衣姿に巨大な目玉メガネを装着し、ドラマ『ガリレオ』(フジテレビ系)のお馴染みのテーマソングを口ずさみながら颯爽と登場した六平。解禁となった映像では、本作の最年長参加者である六平によるまさかの“笑劇”モノマネに、ほかの参加者たちが唖然となりつつも笑いを堪える姿が映し出される。

 六平が披露したのは、『ドキュメンタル』シリーズで最多の優勝回数を誇る、ハリウッドザコシショウの代表ネタである“誇張しすぎた福山雅治”。「実に、実に面白いっ!!」と全力で連呼するベテラン俳優の予想外の“パクリ芸”に、モニターで見守る松本人志、『FUJIWARA』藤本敏史、ケンドーコバヤシ、『フットボールアワー』後藤輝基ら一同は大爆笑。「めっちゃ研究してきてる!」と六平のハイクオリティなモノマネを絶賛しつつ、「(目玉メガネを付けても)そんなに顔変わってないから」と鋭いツッコミが飛び交う。一方、戦場では香取と貴乃花氏がハリセンを手に六平に応戦!全く先の読めないカオスな展開を予感させる幕開けとなった。

 一方、公開となった場面写真では、六平と同じく目玉メガネを装着する香取の衝撃的な姿も。大好物であるマヨネーズを手に、香取が今後どのような攻撃を仕掛けるかに期待が集まるカットにもなっている。

 また、自身のネタに全力で挑む香取と六平に対し、ハリウッドザコシショウ本人から「お!ええやんええやん!ドキュメンタルやん!もう芸人じゃあ私ハリウッドザコシショウにかなうやつおらんって事やな!香取くんも六平ちゃんも私のギャグパクって本気やんか!おもろきゃなんでもアリですなあ!ええやーーん!こりゃシュシュるしかねな!…は?」と、コメントが寄せられた。

 ■『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン 11 UNLIMITED本編映像
 https://youtu.be/vJHSP6YH5Bs

 ■番組URL
 https://www.amazon.co.jp/dp/B0B5M59RH2

 ※香取慎吾過去記事
 ・香取慎吾主演「犬も食わねどチャーリーは笑う」新場面写真2
 ・香取慎吾「犬も食わねどチャーリーは笑う」予告編!小説も発売へ
 ・香取慎吾主演「犬も食わねどチャーリーは笑う」公開は9月23日に!井之脇海、的場浩司、眞島秀和、きたろうら共演も発表【共演キャストコメント全文有】

 ※記事内画像は(c)YD Creation

香取慎吾ドキュメンタル目玉メガネで応戦!六平直政“笑劇”2

香取慎吾ドキュメンタル目玉メガネで応戦!六平直政“笑劇”3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする