井上瑞稀「おとななじみ」で映画初主演!起用きっかけは?

井上瑞稀「おとななじみ」で映画初主演!起用きっかけは?1

 ジャニーズJr.でユニット『HiHi Jets』井上瑞稀、俳優・久間田琳加が2023年5月12日より公開予定の映画『おとななじみ』(監督:髙橋洋人/配給:東映)をW主演することが24日、発表となった。

 月刊誌『ココハナ』(集英社)で2019年より漫画家・中原アヤ氏が連載した作品が原作。おさななじみのまま大人になった2人の進みそうで進まない恋模様を描いている。

 主人公・青山春(あおやまはる/通称:ハル)役には映画初主演となる井上。優しいけれど純粋で素直すぎるがゆえに恋愛に鈍感な【超残念男子】という役どころ。

 一方、もう1人の主人公・加賀屋楓(かがやかえで)役を演じる久間田。ハルを一途に想い続けるも伝わらない気持ちにやきもきして、世話を焼きすぎてしまう【オカン系女子】という役となっている。

 メガホンは、映画『胸が鳴るのは君のせい』を手掛けた髙橋洋人監督。脚本は『ヒロイン失格』などで知られる吉田恵里香氏が担当する。

 撮影はすでに終了しており、解禁となった2人の写真は、ハルの部屋で撮影したコミックス1巻の表紙と同じポーズの2ショット。撮影時間外も歩き方・笑い方さえもできるだけハルでいようと心掛けていたという井上と、原作の楓に寄せるために長い髪を20センチ切った久間田の姿が。2人はハルと楓の雰囲気を作るべく撮影前にリハーサルを重ね、また監督やスタッフとともにゲームをするなどコミュニケーションを図る機会を作り撮影に臨んだという。

 今回の発表にあわせ井上、久間田、高橋監督、原作者の中原氏、峠本悠悟プロデューサーからコメントが寄せられた。以下全文。

 ○井上瑞稀
 「絶対にいつか」と夢に描いていた映画の主演のお話を聞いたときは、とても嬉しく、まさに夢心地であると同時に、ものすごい責任とプレッシャーを感じ、映画初主演という一生に一度の経験、自分の全てを賭けて挑もうと思いました。
 原作はクスクス笑いながらあっという間に最終巻まで読んでしまいましたが、自分が演じるハルの目線で読み返すと、ハルという人間をとても愛おしく感じました。
 撮影が終わった今、ハルはすでに僕の一部になっていると感じています。
 楓役の久間田さんとは、撮影前におさななじみの空気感を出せるように、リハーサルを重ねたり、ゲームをしてコミュニケーションを図るなど、打ち解けるための時間をスタッフさんに作っていただきました。
 現場では久間田さんの作品に対するストイックな姿勢を見ていて、とても刺激になりました。
 僕がハルを愛したように、ハルを、そして「おとななじみ」という作品を愛していただき、ご覧いただいたみなさまを少しでも笑顔に変えることができたら本望です。
 僕の初主演映画をぜひお楽しみください!

 ○久間田琳加
 お話をいただいた時は嬉しすぎて信じられなかったのですが、本読みやリハーサルを重ねたり、監督や共演者のみなさまとお会いしているうちに「夢じゃないんだ。」と実感が湧いてきました。
 私にはおさななじみがいないのでハルと楓のような関係性は憧れで、原作をドキドキしながら読み、楓のキャラクターに少しでも近づきたいと9年ぐらい伸ばしていた髪をカットして撮影に臨みました。
 クランクインの時はまだまだ不安も多く、視野が狭くなってしまうこともあったのですが、共演者の皆さんたちに頼ったり助けてもらい、ハルと楓2人のキャラクターに元気をもらいながら撮影を終えることができました。
 井上さんと初めてお会いした時は、「ハル本人?」と思うほど原作の面影を感じ、撮影中はハルが(劇中で)「大丈夫」という度に本当に大丈夫なような気がしてきて頼もしかったです。
 おさななじみならではのキュンとするシーンはもちろん、ちょっと天然な2人のコメディの部分もスクリーンを通して楽しんでいただけたら嬉しいです。

 ○髙橋洋人監督
 原作の漫画がとにかく面白くて、吹き出して笑いながら読んだ恋愛漫画は初めてでした。特におさななじみたちならではの掛け合いが傑作で、この可笑しさを映画化できることが楽しみでワクワクしています。
 脚本家の吉田恵里香さんがオリジナルな発想を随所に盛り込んでいただいているので、映画版『おとななじみ』としてもとにかく面白い脚本になっています。
 20年間ずっと一緒にいるおさななじみ同士の恋がしくじりまくってもどかしいのですが、2人が一歩を踏み出すまでのじれったい時間を一緒に楽しんで、応援してあげてもらいたいです。

 ○原作者・中原アヤ氏
 映画化していただけると聞いて心躍りました。
 井上さんも久間田さんもイメージにぴったりで、原作以上にキャラを魅力的に表現してくださるのではと期待しています。
 素敵な方々との出会いに感謝いたします。

 ○峠本悠悟プロデューサー
 ・キャスティング理由
 原作を読みながらキャスティングのイメージを膨らませていた時、『裸の少年』に出演されている井上さんを拝見し、直感的に「ハルだ!」と思ってオファーしました。実際にお会いすると、真面目で努力家な方だと感じましたが、ハルのように明るくピュアな一面もあり、間違いないキャスティングだと確信しました。現場での井上さんはまさにハルそのもので、めちゃくちゃたくさん笑わせていただきました!
 楓については、柔和で可愛らしい雰囲気の方を探している時に、お昼の情報番組でレポートされている久間田さんを見かけてピンと来ました。モデルの活動もお忙しいところ、なんとご快諾いただけ、しかも本作のために気合を入れて人生初のショートカットにもしていただきました。実際の久間田さんは原作の楓に負けないくらい愛らしく、あのビジュアルから披露される変顔は必見です!

 ・今この映画を制作した理由
 コロナ禍も相まって恋愛人口の減少が取り沙汰される昨今、気軽に笑って楽しめるラブコメ映画を作りたいと思ったのがこの企画のスタートでした。
 原作はこれでもかと言うほど明るい作品なのですが、多くの方が感じるであろう社会人生活の悩みなど真面目な要素も盛り込まれており、登場人物たちが悩みながらも成長していく様を見てどこか自分に重なる部分も感じ、ご覧になるみなさまにもきっと共感していただけるのではと思います。
 また、以前に別作品でご一緒した安心と信頼の髙橋洋人監督と、ずっとご一緒してみたかった脚本家・吉田恵里香さんのタッグが今回実現し、原作の良さを活かしたとても面白い映画になっておりますのでどうぞご期待ください!

 ■ストーリー
 青山春と加賀屋楓は、4歳の時から隣に住む“おさななじみ” 。
 お互い一人暮らしを始めた24歳の2人は、結局今も住んでいるのは同じアパートの隣の部屋。
 楓は20年もの間ハルを想い続けているが、そのハルは楓の気持ちに全く気付く様子はなく、楓はハルの世話を焼きすぎて最早オカン化してしまっている。
 進展しない関係に業を煮やした楓は、同じくおさななじみの伊織と美桜に相談し、ハルをあきらめることを決意。
 しかし、決意したものの、ズルズルとハルをあきらめきれない楓に、伊織が大人の男として優しく接する。
 そして、実は伊織は楓のことが小学生のころから好きだったと告げる。
 急接近する楓と伊織の様子を目の当たりにして、動揺するハル。
 鈍感ながらも、自分の本心に気づき始めるが、ハルは楓の亡き母親と交わした約束を純粋がゆえに、頑なに守っていた――
 20年間の片思い、“おさななじみ”のふたりの恋は、“おとななじみ”のまま? ついにハッピーエンドを迎える?

 ※井上瑞稀過去記事
 ・井上瑞稀&髙橋優斗&作間龍斗 水着姿で鍛えた肉体美!「『HiHi Jets』の5人で部活をするなら?」などにも答える
 ・井上瑞稀 竹野内豊主演ドラマ「東野圭吾 さまよう刃」出演発表!原作小説読み「やるせなく行き場のない怒りにふと本作の題名が頭をよぎりました」
 ・橋本環奈 涙腺に変化で「子供が頑張っている姿がすごく好き」!HiHi Jets・井上瑞稀「愛を感じました」と共演者に感謝で坂東龍汰からスピッツの『チェリー』歌唱エピソードも

 ※記事内画像は(c)中原アヤ/集英社 (c)2023「おとななじみ」製作委員会

井上瑞稀「おとななじみ」で映画初主演!起用きっかけは?2

書影

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする