原田泰造“元妻・現恋人”との晴れの舞台に「ドギマギしてます」!映画「ミッドナイト・バス」東京初日でお互いの関係にも言及

原田泰造“元妻・現恋人”との晴れの舞台に「ドギマギしてます」!映画「ミッドナイト・バス」東京初日でお互いの関係にも言及3

映画『ミッドナイト・バス』初日舞台あいさつが開催!

 お笑いトリオ『ネプチューン』で俳優・原田泰造(47)、七瀬公(23)、長塚京三(72)、女優・山本未來(43)、舞川みやこ、小西真奈美(39)が27日、東京・有楽町スバル座で映画『ミッドナイト・バス』(監督:竹下昌男/配給:アークエンタテインメント)初日舞台あいさつを竹下監督とともに開いた。

 作家・伊吹有喜氏の同名作が原作。バツイチ中年男で新潟―東京間を走る長距離深夜バスの運転手の高宮利一(原田)。その利一が別れた妻との思いがけない再会を果たしたことから、現在の恋人、娘・息子などとの関係などが少しずつ変わっていく。雪国と東京を舞台にキャラクターそれぞれの心情をしっかりと描いた、家族の再生の物語だ。

 原田は本作のためにバスの運転免許を取得したそうで、「長距離バス運転手らしいテクニックを身に着けたと思います。いや難しかったですよ!関越自動車道を走っているときは余裕があったんですけど、バスセンターのコーナーはきつくて、何回もコーナー回ってしまって」と、苦労をしみじみ。

 その免許取得にあたっては、「1発でとれました。新潟交通のバスの先生が『いい腕してるねぇ!なれるよ!!』と、言ってくださって。バスの運転役、来ること祈ってます(笑)。せっかく取ったので、トラックの運転もできますよ」と、新たな仕事(?)のアピールも。

 そんな熱演だった利一の元妻役の山本は原田について、「原田さんは夫としては最高ですけど、利一さんはしっかりしてほしいなというところがありますね。女性陣からは、『だらしのない男性だ!』という利一を、泰造さんが演じたので、それすらも魅力で惹きつけられるような感じだったなって」と、微妙なバランスのいる役を魅力的に好演したと高評価。

 一方、利一の現恋人役を演じた小西は、「すごく不器用な女性でもあり10年間ずっっと利一とまっすぐに向き合っている女性であり、いじらしいようなもどかしいような感じがします。後半の方で2人こととかも、まっすぐに生ききれない大人ならではのこともあるので、そこも楽しみに観てもらえればと思いますね」と、アピールした。

 すると、“元妻・現恋人”の間に挟まれている原田は、「いまおつきあいしている方と、嫌いではなく別れた妻との間に挟まれてすごく汗をかいています。ドギマギしているので役が抜けてないんでしょうね」と、コメントを寄せ笑いを誘った。

 一方、七瀬は利一の息子役だったが、自身が母子家庭に育ったということもあり、その気持ちを原田につぶけたそうで、「すごく広い心で受け付けてくれました。新潟にいない時でも、LINEを送ると、すぐ返ってきて」と、親愛の情を向けると原田も「本当に可愛い子で!“僕おなかへってます”“お金ありません”というアピールがうまいんですよ。人たらしです(笑)」と、犬を可愛がるような仕草を見せいい関係を築けていたようだった。

 舞川は葵わかな演じる利一の娘とアイドルユニットを組むが、「コスチュームも地下アイドルっぽいのを身にまとったりして、秋葉原でアイドルをしていたので、それを生かせたんじゃないかなと思います」と、経験を生かしたものになったようだった。

 原田から「『ミッドナイト・バス』という映画は家族の映画であり、恋愛映画でもあります。みなさんこの映画を観て何か受け取ってもらえたら」と、呼びかけていた映画『ミッドナイト・バス』は同1月27日より有楽町スバル座ほか全国ロードショー! 

原田泰造“元妻・現恋人”との晴れの舞台に「ドギマギしてます」!映画「ミッドナイト・バス」東京初日でお互いの関係にも言及2

原田泰造“元妻・現恋人”との晴れの舞台に「ドギマギしてます」!映画「ミッドナイト・バス」東京初日でお互いの関係にも言及1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする