HIRO「SAMURIZE from EXILE TRIBE」のアートへの挑戦へ「すごく嬉しい」

HIRO「SAMURIZE from EXILE TRIBE」のアートへの挑戦へ「すごく嬉しい」3

『TOKYO ART CITY by NAKED』オープニングセレモニーが開催

 人気ダンス&パフォーマンスグループ『EXILE』リーダーのHIRO(48)が15日、東京・後楽園内のMLB cafe TOKYO 東京ドームシティ店で『TOKYO ART CITY by NAKED』オープニングセレモニーにクリエイティブカンパニー『NAKED』の村松亮太郎代表(46)とともに登場した。

 “TOKYO”をテーマに、東京の名所やビル群の巨大模型に最新テクノロジーを駆使し、都市の持つ魅力をアートとして表現する体験型イベント『TOKYO ART CITY by NAKED(トーキョーアートシティ バイ ネイキッド)』を今月16日から9月3日まで東京ドームシティ「Gallery AaMo」で開催。HIROは期間中、毎日パフォーマンスを予定しているLEDダンスパフォーマー『SAMURIZE from EXILE TRIBE(サムライズ・フロム・エグザイル・トライブ)』をプロデュースしていることから、ゲストとなった。

 HIROは共通の知人などを通して村松氏と知り合ったそうで、「アート感だったりが共感できますし、エンターテインメントと『NAKED』さんが目指すアート融合したときにすごいおもしろいことができるんじゃないかと思いまして、今回はサムライズという形で参加させて頂いています。これがスタートラインで、これから面白いことを取り組んでいければと思っています」と、抱負を。

 HIROと村松氏は2人で「世界に通用するエンターテインメントを作っていきたい」という目標があり、HIROは「サムライズというグループは『三代目 J Soul Brothers』のライブとか『EXILE』のライブを中心に盛り上げてくれて演出してくれるチームで僕らにとって欠かせない存在。そのサムライズが僕らのエンターテインメントのライブを飛び越えてアートの世界に挑戦できるのがすごく嬉しい。より進化したサムライズを表現していけたら」と、意気込む。

 さらにHIROは、今後のサムライズのパフォーマンスへも言及し、「あしたになったら進化して、プログラミングも変わったり、やればやるほど進化していくと思うので、どんどん素晴らしいパフォーマンスになっていくのか期待していく部分でもあります。サムライズ100体とか出しても面白いかも」と、構想を掲げていた。

HIRO「SAMURIZE from EXILE TRIBE」のアートへの挑戦へ「すごく嬉しい」1

HIRO「SAMURIZE from EXILE TRIBE」のアートへの挑戦へ「すごく嬉しい」2

HIRO「SAMURIZE from EXILE TRIBE」のアートへの挑戦へ「すごく嬉しい」4

HIRO「SAMURIZE from EXILE TRIBE」のアートへの挑戦へ「すごく嬉しい」6

HIRO「SAMURIZE from EXILE TRIBE」のアートへの挑戦へ「すごく嬉しい」51834″ />

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする