佐藤大樹「ファンタスティック」発言した後にはにかむお茶目さ!EXILE・AKIRAは「三池崇史監督の新しい一面を体験」

佐藤大樹「ファンタスティック」発言した後にはにかむお茶目さ!EXILE・AKIRAは「三池崇史監督の新しい一面を体験」6

佐藤大樹がお茶目な一面を見せた

 ダンス&パフォーマンスグループ『EXILE』のAKIRA(37)、『EXILE』で『FANTASTICS from EXILE TRIBE』の佐藤大樹(24)が29日、東京・渋谷のヒカリエホールで開かれた『ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2019 オープニングセレモニー』に登場した。

 約1分から30分ほどのムービー映像を楽しめる『ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2019』(略称:SSFF&ASIA)が、21年目となる今年は29日から6月16日までの期間中に東京5会場と、日本全国どこでも楽しめるオンライン会場で上映。世界130の国と地域から集まったおよそ1万本の作品からよりすぐられた約200作品を上映する。AKIRAと佐藤は今回で第3弾となるSSFF&ASIA内の『CINEMA FIGHTERS PROJECT』に参加していることからゲストとなった。

 『CINEMA FIGHTERS PROJECT』は『EXILE』HIRO、SSFF&ASIA代表の別所哲也、作詞家・小竹正人の3人がタッグを組み、詩と音楽、映像を映像化しするプロジェクトとなっている。AKIRAはCrystal Kayの楽曲『Beautiful』の世界観を体現したショートフィルム『Beautiful』(監督:三池崇史)で蓮佛美沙子と共演、佐藤は横井琉衣の楽曲『ライラック』を映像化した『魔女に焦がれて』(監督:井上博貴)を久保田紗友と共演している。

 レッドカーペットを闊歩して現れたAKIRAと佐藤。AKIRAは「短編映画はファーストシーンから終わりまでで魅力を伝えるというのがあるので難しいです」と、しみじみと語りつつ、「短編映画ですけど三池崇史監督の新しい一面を体験できて自分は嬉しいなと」と、監督とのタッグに気持ちを。

 さらに、AKIRAは「台本を読んでいくうちにリアリティーをがある感情が生まれてきて、普段のEXILEで見せる姿とは違った削ぎ落とした感じでの部分をお見せできていると思います」と、自信を見せた。

 一方の佐藤は佐藤は高校3年生でしかも突然『霊感』を備わるという役どころへ、「ファンタスティックな演出も盛り込まれていて演じ甲斐があるなって。自分の中に少し淡い青春を思い出してもらえるんじゃないかなって」というと別所から「ちゃんとファンタスティックを入れましたね」と、話を振ると佐藤は「自分のグループ名です」と、お茶目なコメントではにかんだ。

 ■作品詳細
 ○『Beautiful』
 【運命】と【奇跡】が産み出した出逢い。全てを亡くした街が創り出した満点の星。その下で静かに2人の心が重なっていく……Beautifulなストーリー。

 ○『魔女に焦がれて』
 高校3年生の主人公・雅人は突然『霊感』が備わり、あることがきっかけで『魔女』と呼ばれ、クラスで疎外されてしまう。これは、そんな雅人が初恋の相手・真莉愛と卒業前に繰り広げる青春ラブストーリー。

 ■ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2019上映会場
 ・5月30日から6月2日までiTSCOM STUDIO&HALL 二子玉川ライズ
 ・6月6日から同9日まで表参道ヒルズ スペース オー
 ・6月11日に赤坂インターシティコンファレンス the BAR
 ・6月11日から同14日までアンダーズ東京 Andaz Studio
 ・6月13日から同15日までシダックス・カルチャーホールにて
 ※一部の有料イベントを除き、全プログラム無料上映

佐藤大樹「ファンタスティック」発言した後にはにかむお茶目さ!EXILE・AKIRAは「三池崇史監督の新しい一面を体験」3

佐藤大樹「ファンタスティック」発言した後にはにかむお茶目さ!EXILE・AKIRAは「三池崇史監督の新しい一面を体験」1

佐藤大樹「ファンタスティック」発言した後にはにかむお茶目さ!EXILE・AKIRAは「三池崇史監督の新しい一面を体験」4

佐藤大樹「ファンタスティック」発言した後にはにかむお茶目さ!EXILE・AKIRAは「三池崇史監督の新しい一面を体験」2

佐藤大樹「ファンタスティック」発言した後にはにかむお茶目さ!EXILE・AKIRAは「三池崇史監督の新しい一面を体験」5

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする