新川優愛 10歳の年の差も「そこに対してちゅうちょはなかった」!結婚お相手の絵を披露するも“画伯”ぶりに報道陣爆笑【会見全文2】

新川優愛 10歳の年の差も「そこに対してちゅうちょはなかった」!結婚お相手の絵を披露するも“画伯”ぶりに報道陣爆笑【会見全文2】2

“画伯“ぶりを発揮!

 【新川優愛 結婚お相手は自分からアタックで2年半前から交際!「職業的には私は気にしてなかった」【会見全文1】より】

 ――格好いい?
 新川:すごいハードル上がっちゃって恥ずかしいです……せっかくなので似顔絵持ってきました。ただ、私、本当に“画伯”で、結構あれなんです。

 (スケッチブックを取り出し、そこには男性の絵があるが、記者たちから笑い声が)

 新川:髪の毛もう少し欲しいですよね(苦笑)。私、人物を描くと女性も男性もこうなっちゃうんです。参考になるかわからないですけど、眉毛がしっかり生えてて、本当にふざけてるわけじゃないですけど、わからないですけど……私、誰描いてもこうなっちゃって(苦笑)

 ――何分ぐらいで描いたんですか?
 新川:これは17秒くらいです(苦笑)。

 ――17秒!(記者たち爆笑)

 ――何か人柄など想像できることがあれば?
 新川:この絵を描いておいてなんなんですけど、どちらかというと柔らかい顔かなって思いますね……難しい……柔らかい、切れ長の目というより、割と丸い感じだったりとか。

 ――格好いいと話題になったりとかは?
 新川:いや、私は聞いたことがないですね。でも、私は素敵だなというのはあるので、どうでしょうかね。

 ――見た目より中身?
 新川:そういうと、またいろいろありますけど、そうですね、私は明るいところが好きだと思います。

 ――結婚を意識したのは?
 新川:一般の方なので、お相手のタイミングがという方ではなくて、私のお仕事のタイミングだったりとか、決まってるものだったりとか、お話として出たのは1年半前くらいだったのですが、きょうに向けてどうしていこうかという話になっていましたね。

 ――では交際1年くらいで結婚の話が出ていたのですね?
 新川:そうですね。2人の中では。

 ――25歳で女優さんとしても乗ってきている時期ですが、結婚に二の足を踏んだりはしなかった?
 新川:そうですねぇ……うーん。お仕事の面とかそうかもしれないですけど、でも25歳で結婚しますというのと、30歳で結婚しますというのと、この独身の5年間でできたかもしれないことが、もしかしたら、結婚したことによって、できなくなってしまうかも知れないと思ったんです。でも、ここで経験する感情がお仕事にも活かせるかもしれないし、ちょっと迷った部分はあったんですけど、そういう考えで踏み切れたというか、つながったかなと思います。

 ――結婚願望はもともとあった?
 新川:小さい頃からお嫁さんになりたいと言っていたんですけど、(お相手の)実家が温かい、うちも実家が仲いいので、結婚願望はありましたね。

 ――ご家族の反応は?
 新川:すごい仲良くなってくれてというか、しっかり話してくれるし、なんとか君元気しているとか、いい関係で。

 ――お相手の年齢は?
 新川:9歳年上です。私が6の年で、お相手は5の年です。

 ――ということはお相手は35歳?
 新川:はい、そうです!

 ――初婚ですよね。
 新川:はい……えっ、私が!?ビックリした。違いますよね。私も(初婚)ですよ。

 ――年の差は気にならなかった?
 新川:気にならなかったですね。私、小学校のころから事務所に入ってやらせて頂いていたので、子供の頃から年上の方に接する機会が多かったですし、そこに対してちゅうちょはなかったです。

 【新川優愛 交際きっかけになったウソへ「それ以外の方法が私に思いつかなくて」と苦しい胸の内!報道陣にも「本当にごめんなさい」【会見全文3】へ】

新川優愛 10歳の年の差も「そこに対してちゅうちょはなかった」!結婚お相手の絵を披露するも“画伯”ぶりに報道陣爆笑【会見全文2】4

絵のことを言われて苦笑い

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする