藤ヶ谷太輔 初ミュージカル挑戦で「“抱かれるような”気持ちで来て」!その座長ぶりに劇中アンサンブルキャストが涙するほど信頼も

藤ヶ谷太輔 初ミュージカル挑戦で「“抱かれるような”気持ちで来て」!その座長ぶりに劇中アンサンブルキャストが涙するほど信頼も7

藤ヶ谷太輔 初ミュージカル挑戦で「“抱かれるような”気持ちで来て」!

 “キスマイ”の愛称で親しまれる『Kis-My-Ft2』の藤ヶ谷太輔(32)らが30日、東京・TBS赤坂ACTシアターでミュージカル『ドン・ジュアン』(潤色・演出:生田大和)公開ゲネプロを開いた。

 スペイン・セビリアを舞台に、数多くの女たちを魅了し、愛を貪るプレイボーイのドン・ジュアン(藤ヶ谷)を描いたミュージカル。

 ゲネプロでは、心の何かが満たされず放蕩の限りを尽くし、女性を弄ぶ悪漢のようなジュアンを藤ヶ谷は熱演。女性との情熱的なタンゴ調のダンスや、心情を切々と歌う姿や、一糸乱れぬ団体での圧巻のダンスなど、迫力のステージングを披露することとなった。

 ゲネプロ終了後には、藤ヶ谷、結婚を約束した恋人が戦場にいながらもジュアンと恋に堕ちてしまう彫刻家のマリア役・蓮佛美沙子、ジュアンの父親ドン・ルイ・テノリオ役の鶴見辰吾、演出を務めた生田氏とともに囲み会見を開催。

 本作で初めてミュージカルへ挑戦するということで、藤ヶ谷は「ゲネが今終わりましたけどちょっと疲れましたね。何もかもが初めてなので、エネルギーを使いました。でも、いい刺激になりますね」と、充実の表情を浮かべる。

 ジュアンのセクシーさが見どころな本作だが、生田氏は藤ヶ谷へ「彼がもともと持っている色気だったりを出せればと思っていたんです。その芯にある素直さとかからかけ離れているので、そこが大変だったんじゃないかなと思っています。でも、その殻を打ち破ってドン・ジュアンとして舞台の上に生きていてくれたことが嬉しいなと思います」と、しみじみ。藤ヶ谷もその新境地へ「新たにいままで感じたことない気持ちよさがあるんです」と、手応えがあったようだ。

 苦労した部分としては、「女性を乱雑に扱うとかできなかったんです。でも、自分がやらないと、押された女性もリアクションがとれないんです。だから相手のためにと思って心をドン・ジュアンにしてやりました」と、苦笑い。すると、蓮佛から「けいこ場で女性と絡むシーンは、プレイボーイって役はなかなかないというテンションで嬉しそうでしたよ」と、暴露され苦笑いしつつ「けいこ場で囲まれていましたけど、みなさん振り付けなので、終わったらサーッといなくなる」と、内心ちょっと残念に思っていたようだった。

 そんな浮ついた話もあれば鶴見は藤ヶ谷へ、「彼は真面目だから言わないけど誰よりも遅くまでけいこ場に居て練習していて。主役たる感じで堂々としていましたね」と、話したり「全員クライマックスでアンサンブルが涙しているシーンがあるんです。それだけのみなさんが愛情を持ってくれている」と、座長ぶりを披露。

 さらに、座長として、けいこ場打ち上げをアンサンブルの方々がやるという聞いた藤ヶ谷は「招待された側でしたけど、お店や人数が決まってないと聞いたので、全部やらないとと思って」と、率先してセッティングしたという。その打ち上げでは「キーワードとして“夏を取り戻す”ということで、スイカを2個持っていったんです」といい、スイカ割りをしたとも。それだけのエピソードが出ても藤ヶ谷は「座長としてやってるのは、打ち上げの支払いぐらい。あとはスイカの準備くらいですよ」と、飾ることはなかった。

 ほかにも、キスマイのメンバーたちは観劇に来るのかへ、「お互いの作品はいつも観ているので。その中でも、二階堂(高嗣)、千賀(健永)くらいですね、僕のところに来て『キスシーンある?』と聞いたの」と、グループのメンバーの仲を感じさせる話が飛び出す。続けて、キスマイの中でドン・ジュアンっぽい人はという質問には「これは俺と言わないといけないですよね。これで宮田(俊哉)に負けてたらね(笑)」と、自信を見せていた。

 藤ヶ谷から「観ている途中に私もドン・ジュアンに抱かれたいって思ってもらえるくらいの気持ちにさせるように頑張りますので“抱かれるような”気持ちで来てもらえれば」とアピールしていたミュージカル『ドン・ジュアン』東京公演は30日から9月18日までTBS赤坂ACTシアターにて、愛知公演は10月1日から同5日まで刈谷市総合文化センター アイリス 大ホールにて上演!

 ■出演キャスト
 ドン・ジュアン:藤ヶ谷太輔
 マリア:蓮佛美沙子
 ラファエル:平間壮一
 ドン・カルロ:上口耕平
 エルヴィラ:恒松祐里
 騎士団長/亡霊:吉野圭吾
 アンダルシアの美女:大石裕香
 イザベル:春野寿美礼
 ドン・ルイ・テノリオ:鶴見辰吾

 アンサンブル:風間無限、鹿糠友和、仙名立宗、高瀬育海、俵和也、西田健二、MAOTO、宮垣祐也、渡辺崇人、弓野梨佳、小石川茉莉愛、島田友愛、鈴木百花、谷須美子、則松亜海、花岡麻里名、平井琴望、松島蘭

藤ヶ谷太輔 初ミュージカル挑戦で「“抱かれるような”気持ちで来て」!その座長ぶりに劇中アンサンブルキャストが涙するほど信頼も8

藤ヶ谷太輔 初ミュージカル挑戦で「“抱かれるような”気持ちで来て」!その座長ぶりに劇中アンサンブルキャストが涙するほど信頼も1

藤ヶ谷太輔 初ミュージカル挑戦で「“抱かれるような”気持ちで来て」!その座長ぶりに劇中アンサンブルキャストが涙するほど信頼も2

藤ヶ谷太輔 初ミュージカル挑戦で「“抱かれるような”気持ちで来て」!その座長ぶりに劇中アンサンブルキャストが涙するほど信頼も5

藤ヶ谷太輔 初ミュージカル挑戦で「“抱かれるような”気持ちで来て」!その座長ぶりに劇中アンサンブルキャストが涙するほど信頼も6

藤ヶ谷太輔 初ミュージカル挑戦で「“抱かれるような”気持ちで来て」!その座長ぶりに劇中アンサンブルキャストが涙するほど信頼も3

藤ヶ谷太輔 初ミュージカル挑戦で「“抱かれるような”気持ちで来て」!その座長ぶりに劇中アンサンブルキャストが涙するほど信頼も4

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする