佐藤健「素敵な場所に呼んで頂いて光栄」!東京国際映画祭レッドカーペット闊歩!鈴木亮平&松岡茉優“兄妹”と一緒に笑顔

佐藤健「素敵な場所に呼んで頂いて光栄」な装いで東京国際映画祭レッドカーペット闊歩!鈴木亮平&松岡茉優“兄妹”と一緒に笑顔2

映画『ひとよ』の“兄妹”がレッドカーペットに登場!

 俳優・佐藤健(30)、鈴木亮平(36)、松岡茉優(24)が28日、東京・六本木ヒルズアリーナで開催された『第32回 東京国際映画祭』(略称:TIFF)のレッドカーペットを白石和彌監督とともに歩いた。

 3人は11月8日公開でTIFFの特別招待作品にもなっている映画『ひとよ』(監督:白石和彌/配給:日活)に出演。

 15年前、稲村家の母とその子どもたち3兄妹にある事件が降りかかり家族は崩壊してしまう。15年前の事件に縛られ家族と距離をおき、東京でフリーライターとして働く次男・雄二を佐藤、町の電気屋に勤務し、3兄妹で唯一自身の家庭を持つが夫婦関係に思い悩む長男・大樹に鈴木、事件によって美容師になる夢を諦め、スナックで働きながら生計を立てる末っ子の妹・園子に松岡、そして、15年ぶりに3兄妹のもとへと帰ってくる母親・こはるは田中裕子が演じている。別々の人生を歩んだ家族が15年後に再会するという、家族の絆を問いかけるヒューマンドラマに仕上がっている。

 佐藤はステージで、この場につれてきた白石監督へ感謝しつつ「このような素敵な場所に呼んで頂いて光栄です。われわれ三兄妹を演じました。よろしくお願いします!」と、アピールした。

佐藤健「素敵な場所に呼んで頂いて光栄」な装いで東京国際映画祭レッドカーペット闊歩!鈴木亮平&松岡茉優“兄妹”と一緒に笑顔2

映画『ひとよ』の“兄妹”がレッドカーペットに登場!

佐藤健「素敵な場所に呼んで頂いて光栄」な装いで東京国際映画祭レッドカーペット闊歩!鈴木亮平&松岡茉優“兄妹”と一緒に笑顔

佐藤健「素敵な場所に呼んで頂いて光栄」な装いで東京国際映画祭レッドカーペット闊歩!鈴木亮平&松岡茉優“兄妹”と一緒に笑顔1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする