キスマイ北山宏光 思わず「助けて!」と頼ったお相手は?「ウナコーワ」新TVCM放送やメンバー1人1人の“史上最高”の出来事を語る

キスマイ北山宏光 思わず「助けて!」と頼ったお相手は?「ウナコーワ」新TVCM放送やメンバー1人1人の“史上最高”の出来事を語る1

 “キスマイ”の愛称で親しまれているアイドルグループ『Kis-My-Ft2』の北山宏光(34)、玉森裕太(30)、藤ヶ谷太輔(32)、千賀健永(29)、二階堂高嗣(29)、横尾渉(33)、宮田俊哉(31)が5月1日より放送される『ウナコーワエース L』ならびに『ウナコーワエース G』新TVCM『真夏のヒーロー』篇に出演する。

 『Kis-My-Ft2』にとって、興和7年目となるCM。真夏のキャンプ場を舞台に、アウトドアを楽しんでいる『Kis-My-Ft2』メンバーが、次々と虫にさされて大ピンチ!あまりのかゆさに、「メチャかゆーい!」と叫ぶ藤ヶ谷や、「ムチャハレたー!」と叫ぶ玉森の言葉も、巨大な立体文字となって空へ飛び出していく。がまんできないそのかゆさに、北山が思わず「助けてウナエース!」と発した言葉は、なんと宮田を直撃!一方、宮田を挟んで反対側にいた千賀、横尾、二階堂の3人は、早速患部に「ウナコーワエース」を塗って効き目を実感。「効くぅ!!」と声をそろえたその言葉は、特大の立体文字となって飛び出し、またも宮田を直撃してしまう……というオチとなっている。

 この文字はCGによる合成。撮影現場では、発泡スチロールで作られた巨大なモックアップ(実物大の模型)を、実際に宮田の体に当ててリアルな表情や体の動きを撮るものに。
「どのくらいのパワーでいきましょうか?」とスタッフに問われた宮田だが、「あばら2本くらいなら大丈夫です!」と、おなじみの柔和な笑顔を浮かべる。実際には安全最優先で撮影は行われるのですが、当たる時にはドスン!と音が響き渡るなかなかの大迫力だったが、モニターで自分の演技をチェックした宮田は、「助けてほしそうな顔になっていますね!」と、出来に満足げだった。

 撮影後、メンバーたちに、、ウナ史上最高処方の『ウナコーワエース』に関連し、それぞれが心に思い描く『“Kis-My-Ft2 史上最高”の出来事』について質問。

 横尾は、「興和さんが、僕たち Kis-My-Ft2を長年起用してくれていること!今後もよろしくお願いします!」。

 二階堂は、「国民的番組、紅白(歌合戦)に出演させていただいたこと!」。

 藤ヶ谷は、「2005年、ライブのMC中に、茶封筒(に入った書面)でデビュー決定が知らされた瞬間。あの時の喜びとか、感動とか、ファンのみなさまの涙とか、昨日のことのように鮮明に覚えています」。

 玉森は、「去年、海外でパフォーマンスをやらせてもらったのが印象深かったです」。

 北山は「楽屋でジャニーさんが、“Youたち今日からKis-My-Ft2だよ”と言ったあの瞬間!(CDデビュー)10周年にかかっているKis-My-Ft2の今につながっているその瞬間が史上最高だったかなと思います」。

 一方、千賀は、レコーディング期間中で、声が出にくいということで「初めての東京ドームのライブ!あの景色は忘れられない。メンバーの顔を見たときの笑顔が、史上最高の笑顔でした」と、小声で答えていると、藤ヶ谷が「“史上最小”のボリュームだね」と、声をかけて笑いを誘うことも。

 そして宮田が、「このメンバーに出会った瞬間から今日までずっと最高です。きっとこれから先もずっと最高なのかなと思っています!」というと、メンバーたちから「いいねー!」と共感の声が挙がり、宮田が「きょうより明日が最高!明日より明後日が最高!ずっと最高!」と、嬉しそうに締めくくっていた。

 新TVCM『真夏のヒーロー』篇は15秒で5月1日より放送!

 ※関連記事
 ・玉森裕太「1ヶ月間ずっと海にいたい!」と願望披露!キスマイ「ウナクールシリーズ」キャラ続投で海に山に“アウトドア”で夏を満喫
 ・キスマイ ウナクールシリーズ新TVCMで玉森裕太「勝利の方程式は!」!即興で“円陣”振られチームワークの良さ見せる

キスマイ北山宏光 思わず「助けて!」と頼ったお相手は?「ウナコーワ」新TVCM放送やメンバー1人1人の“史上最高”の出来事を語る2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする