横浜流星 吉高由里子から「羽生結弦くんのプーさんと2大巨塔にならないかな」!カービィ好きバラされたり次々暴露にタジタジで「汗かいてきた」

横浜流星 吉高由里子から「羽生結弦くんのプーさんと2大巨塔にならないかな」!カービィ好きバラされたり次々暴露にタジタジで「汗かいてきた」5

 女優・吉高由里子(32)、俳優・横浜流星(23)が15日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズでW主演映画『きみの瞳(め)が問いかけている』(監督:三木孝浩/配給:ギャガ)先行上映舞台あいさつを三木監督とともに開いた。

 不慮の事故で、視力と家族を失った明香里(吉高)と、罪を犯しキックボクサーとしての未来を絶たれた塁(横浜)。光を失って生きてきた2人が織りなす物語となる。

 黒で統一されたコーデで登場した横浜。「無事に上映できることみなさんの前に立てる幸せを噛み締めています」と、笑みを浮かべた。

 塁という人物を演じて「人を想うこととか、愛についてすごく考えさせられました。自分も大切な人ができたときに塁のようにしたいと。男としてあの生き方は格好いいですよ」と、惚れ込んでいたという横浜。

 そんな横浜へ吉高は「心強いなって」と、信頼を寄せていたといい、三木監督も「芯の強さ、まっすぐ、強い意志を持って貫く姿は、それを包み込む明香里というか吉高さんの空気感がマッチングが良くて。カメラが回っていないときの雰囲気も素敵でした」と、撮影で感じたことを。

 役作りとして横浜と吉高でしっかり話し合ったといい、役の日常部分を確認したりするとともに、より距離を近づけるためか吉高提案で「顔交換アプリとかして」と交流したといい、「それと手押し相撲が『強い』とか言ってたけど、私勝ったよね!」と、裏話を披露し、横浜もこれには「手押し相撲(吉高は)強いです」と、苦笑いを漏らすことも。

 さらに、吉高は横浜のはしゃぐ一面を目撃したといい、「普段落ち着いていて、キャッピ、キャッピ、ワーワーと騒ぐ感じではないですけど、撮影現場の近くに焼き芋販売の車が来たとき、この子こんなにはしゃぐんだってくらいはしゃいでて!」と、手をブンブン振って横浜の喜びようを再現。

 吉高は続け「すごいおいしそうな表情で食べるんですよ。何度でも買ってあげたくなる(笑)」と、横浜の焼き芋の食べっぷりの良さに見入ってしまったとも。しかし、吉高はこれだけに止まらず、「カワイイものが好きで、星のカービィ好きだよね!私カービィの人形プレゼントしましたもん。羽生結弦くんのプーさんと2大巨塔にならないかな」とまで言い出し、次々暴露される素顔に横浜は「汗かいてきた」と、タジタジだった。

 横浜による“申し開き”もあり焼き芋好きについては「おいしいし、エネルギーになるし、効率よくエネルギーがとれて。寒いし暖かいし最高で」と、苦笑い気味に話していた。

 映画『きみの瞳(め)が問いかけている』は23日よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー!

横浜流星 吉高由里子から「羽生結弦くんのプーさんと2大巨塔にならないかな」!カービィ好きバラされたり次々暴露にタジタジで「汗かいてきた」1

横浜流星 吉高由里子から「羽生結弦くんのプーさんと2大巨塔にならないかな」!カービィ好きバラされたり次々暴露にタジタジで「汗かいてきた」3

横浜流星 吉高由里子から「羽生結弦くんのプーさんと2大巨塔にならないかな」!カービィ好きバラされたり次々暴露にタジタジで「汗かいてきた」4

横浜流星 吉高由里子から「羽生結弦くんのプーさんと2大巨塔にならないかな」!カービィ好きバラされたり次々暴露にタジタジで「汗かいてきた」2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする