佐藤健「今後はIMAX(R)一択」やスタッフと一緒に「るろうに剣心 最終章 The Final」観劇して「役者としても幸せ」や「最前列は『進撃の巨人』の“巨人”みたい」

佐藤健「今後はIMAX(R)一択」やスタッフと一緒に「るろうに剣心 最終章 The Final」観劇して「役者としても幸せ」や「最前列は『進撃の巨人』の“巨人”みたい」4

 俳優・佐藤健、武井咲、新田真剣佑が8日、東京・グランドシネマサンシャイン池袋で映画『るろうに剣心 最終章 The Final』(監督:大友啓史/配給:ワーナー・ブラザース映画)IMAX(R)公開記念イベントを大友監督とともに開いた。

 漫画家・和月伸宏氏の漫画『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』シリーズが原作。実写映画では、2012年8月に映画『るろうに剣心』が公開され最終興行収入30.1億円と反響を呼び、14年8月1日公開の『るろうに剣心 京都大火編』は最終興行収入52.2億円、同年9月13日公開の『るろうに剣心 伝説の最期編』は最終興行収入43.5億円とシリーズ累計の興行収入は125億円以上、観客動員数は980万人を突破し、大反響を呼んだ。

 上映後、会場内は立ち上がったキャスト、監督、そして制作スタッフ一同含む客席から様々な想いが込められた温かな拍手のスタンディングオーベーションに包まれるなかでのものに。

 視界すべてが映像で埋め尽くされるような6階建てビルに匹敵する巨大なスクリーン(約H18メートル×W26メートル)で観終えたばかりの佐藤は「今回本編を観るのが3、4 回目なんですが、きょうが一番グッときました。今後は IMAX(R)一択です!」と大興奮!さらに、「大迫力の映像を映す技術も素晴らしかったんですが、それをともに戦い抜いたスタッフの方々と観れたことに感慨深いものを感じました。スタッフの方々と一緒に観る機会はなかなかないので、こんな“特別な日”を迎えられて役者としても幸せですし、みなさんと一緒にこの作品を作れたのが僕にとっての財産」と、このシチュエーションにも感慨深げだった。

 IMAX(R)で観たポイントへ佐藤は「きょうは特にまっけん(新田)のまつ毛ばかり見てました。(笑)まつ毛が2メートルくらいあったと思う!長いなって観てました」と、大スクリーンの感じを茶目っけいっぱいに伝えると、新田は「まつ毛は見てないです(笑)!横顔の時は目を見てました」と返し笑いを誘う。

 さらに、「目の奥の奥にあるものが伝わってくるとおっしゃってましたが、本当にその通り」と新田が驚きをみせると、大友監督も「奥にある真逆の感情や、複雑な感情がみえるのが魅力」と IMAX(R)の魅力を力説していた。

 さらに、佐藤は「結構細かいことをしているんですが、そこもすべて映っている。漏れ落ちてないのが嬉しい」といい、新田は「観ながら自分の体が動いていた、体が覚えているんだと思う。指の先の汚れまで写っているからすごい」としみじみ。これに佐藤も「ちゃんと細かいところまでやらなければと、今後はもう手を抜けない」と、今後への参考にもなったようだった。

 そして、トーク中、後ろのスクリーンに剣心、薫、縁の写真が映し出され、約8メートルにもおよぶビジュアルが投影。それを目にした佐藤は「これだけ大きなスクリーンだと、最前列は『進撃の巨人』の“巨人”みたいに怖いのではと思う」と冗談を交えつつも、「エキストラさんの芝居も見れる。今日は自分以外のところも見れて発見があった」と感慨深げ。大友監督も「これだけ汚しが効いていると嬉しい。この大画面だとやってないことが見えてしまうから、どんどんレベルが上がっていくと思う」と、今後の映画業界の行方へ思い描いていた。

 また、“IMAX(R)(アイマックス)”にちなんで、「マックス=極限」、“極限”の挑戦や体験について尋ねられると、佐藤は「食事制限がきつかったです。『The Beginning』では撮影終わりご飯食べたりする機会があまりなく、発散することができなかったので。現場で食べる1粒2粒のチョコレートが嬉しくて……とにかく大変でした」と相当にストイックに仕上げた様子を窺わせた。

 そして、その場で発表となった6月に公開される『The Beginning』の IMAX(R)上映決定に、歓喜の声を上げる場面も。2作品あわせて IMAX(R)スクリーンで楽しむことができると知り、佐藤は「IMAX(R)一択なので嬉しいです!きょうみたいな試写会またやりたい」と熱望。大友監督も「嬉しいです。『The Beginning』は IMAX(R)にもっと向いていると思う。より奥行きが出るので、また違った良さが見えてくるはず」と、自信を見せた。

 最後に佐藤は「この作品は日本が世界に誇れる作品」と自信をみせ、「もっとIMAX(R)が日本中に普及してほしい」と本作に限らず思いを語り、「過酷の日々でしたが、本気になれる機会を用意してもらえて幸せでした。『るろうに剣心』シリーズの集大成が皆さんの期待に応えられるクオリティで完成することができたので、ぜひ劇場の大きなスクリーンで見届けてほしい」と、メッセージを寄せていた。

 ※関連記事
 ・佐藤健主演映画「るろうに剣心 最終章」本予告編解禁で過去について打ち明ける姿なども!3月24日に「GLOBAL FAN SESSION」開催もアナウンス
 ・佐藤健演じる緋村剣心の姿が収められた映画「るろうに剣心 最終章」写真集発売へ!返り血を浴びながらも剣を握る壮絶姿も
 ・佐藤健「るろうに剣心」を300人斬りの後の新田真剣佑との戦いに「物理的に足が上がらなくなる」と限界超えアクション!大友啓史監督とジャンプフェスタで対談
 ・佐藤健「るろうに剣心」原作者・和月伸宏氏から熱いメッセージ!ジャンプフェスタに初登場で大友啓史監督と対談で「支えてくださったみなさまの存在があったから」
 ・佐藤健「るろうに剣心 最終章」“特別な存在”見つめる新規カット解禁!セブンネットショッピング限定グッズ付き前売り券では「剣心と一緒に眠れるクッション」も

 ※記事内写真は(c)和月伸宏/集英社 (c)2020 映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」製作委員会

佐藤健「今後はIMAX(R)一択」やスタッフと一緒に「るろうに剣心 最終章 The Final」観劇して「役者としても幸せ」や「最前列は『進撃の巨人』の“巨人”みたい」3

佐藤健「今後はIMAX(R)一択」やスタッフと一緒に「るろうに剣心 最終章 The Final」観劇して「役者としても幸せ」や「最前列は『進撃の巨人』の“巨人”みたい」1

佐藤健「今後はIMAX(R)一択」やスタッフと一緒に「るろうに剣心 最終章 The Final」観劇して「役者としても幸せ」や「最前列は『進撃の巨人』の“巨人”みたい」2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする