岡田准一主演の新選組描いた映画「燃えよ剣」“3分でわかる”特別映像公開!「罪あらば斬る、隊の名を汚すものは斬る。それが新選組だ」と鈴木亮平との緊迫やりとりも

岡田准一主演の新選組描いた映画「燃えよ剣」“3分でわかる”特別映像公開!「罪あらば斬る、隊の名を汚すものは斬る。それが新選組だ」と鈴木亮平との緊迫やりとりも1

 アイドルグループ『V6』で俳優・岡田准一が主演し10月15日より公開予定の映画『燃えよ剣』(監督:原田眞人/配給:東宝・アスミック・エース)。『新選組』を描いた本作を“3分でわかる新選組”特別映像が18日、解禁された。

 本作は作家・司馬遼太郎氏の同名小説が原作。江戸時代末期の剣客集団『新選組』のたどる道を副長・土方歳三(岡田)にフォーカスを当てて描いた作品となる。徳川幕府の権力を回復させ外国から日本を守る佐幕派と、天皇を中心に新政権を目指す倒幕派の対立が激しくなるさなか徳川幕府の後ろ盾のもと結成された『新選組』は倒幕派勢力の制圧に八面六臂(はちめんろっぴ)の活躍を見せる。しかし、時流は倒幕へと傾いていくこととなり……。

 公開された映像では、そんな新選組の発足から、局長・近藤を頂点とする“最強の剣客集団”として活躍する背景が分かりやすくまとめられたもの。激動の時代の中、剣を手に命を燃やした男たちにドラマチックな運命が怒涛のように押し寄せ、本作のスケールの大きさが一目で分かる映像に仕上がっている。

 なかでも、土方(岡田)の“顔つき”の変化が目に見えるものに仕上がっているといい、、喧嘩に明け暮れていた田舎の“バラガキ”時代から、新選組副長となった表情と佇まいは、圧倒的な貫禄を感じさせるものとなっている。「罪あらば斬る、隊の名を汚すものは斬る。それが新選組だ」―映像の終盤に映し出される、近藤(鈴木亮平)との緊迫したやりとりも。

 また、池田屋事件での活躍でその名を轟かせる新選組だったが、時流は倒幕に傾き、遂に時の将軍・慶喜(山田裕貴)が大政奉還をする。土方と新選組の運命は――。

 ※過去関連記事
 ・岡田准一 山田涼介とじゃれ合いながら組手をかわす姿なども!主演映画「燃えよ剣」公開日発表で最新予告映像で決闘シーンなども
 ・岡田准一 堤真一と思わぬ形で直接対面シーン写真公開や「師範になられてましたね(笑)」!平手友梨奈 車椅子を押される姿も
 ・山田涼介「サーティワン アイスクリーム」イメキャラ続投!数量限定で山田の笑顔掲載デザインのスペシャルバラエティボックスも発売へ

 ※記事内画像は(c) 2021 「燃えよ剣」製作委員会

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする