欅坂46メンバー1stから5thシングルまでの衣装で並ぶレア光景で思いも!佐藤詩織は自分でデザインの衣装も披露

欅坂46メンバー1stから5thシングルまでの衣装で並ぶレア光景で思いも!佐藤詩織は自分でデザインの衣装も披露3

欅坂46メンバー1stから5thシングルまでの衣装で並ぶレア光景!

 アイドルグループ『欅坂46』の佐藤詩織(20)、菅井友香(21)、土生瑞穂(20)、守屋茜(19)、渡辺梨加(22)、渡邉理佐(19)が24日、東京・JOL原宿でロッテ『キシリトールガム』発売20周年記念プロジェクト発表会に登場した。

 ロッテは「キシリトールガム」発売20周年記念プロジェクト『COME ON! ENERGY! -噛もう! 未来に向かって!-』を展開中。この一環として新発売含む5枚のシングル衣装に加え佐藤デザインの衣装、全6着をこの会場の隣の建物のDisplay Windowで24日から30日まで展示する『欅坂46 UNIFORM MUSEUM supported by XYLITOL20th』を展示するユニフォームミュージアムとなる。

 佐藤は自身のオリジナル衣装、メンバーは1stシングルから5thシングルまでの衣装で登場するというレアな光景が広がることに。

 1stシングル『サイレントマジョリティー』の衣装を着た渡辺は思い入れを問われて緊張からか固まってしまう様子を見せつつ、2ndシングル『世界には愛しかない』の衣装の渡邉は、「サイレントマジョリティーの雰囲気とはガラッと変わって可愛さもありつつ、『欅坂46』の格好良さもあるなと思っています」とのこと。

 3rdシングル『二人セゾン』衣装の守屋は、「秋に発売した曲なので、えんじ色で、いままで着た衣装の中で、長い間着ていたなと思います。プリーツもかわいくて、みんなで回転したときのスカートの広がりが綺麗で」と、その場で軽やかに一回転。4thシングル『不協和音』の衣装の菅井は「青なので不協和音という感じが出ていると思います」と、笑みを見せると、土生は「ガラッと変わってスーツです。パンツなので動きやすくて。上着の袖のボタンのところに隠れ欅があるんですよ」と、細かいポイントにこだわりがあることを明かしていた。

 そして佐藤がデザインした20周年衣装は、「『欅坂46』っぽさを散りばめているんです。『欅坂46』のカラーがカチッとしたワンピース型の衣装が多いので、そういうところは『欅坂46』らしいのかなと思いつつ残しつつ。それと、いつものワッペンとコラボしている感じにもしてもらえて」とのことだった。

 お互いの衣装で気になるところはないかという質問が飛ぶと、渡邉は菅井をチョイスし「青が好きなんです。この衣装で『不協和音』を踊ると気合が入りますね」とのこと。守屋は佐藤を選び、「できることなら着てみたい!」と身を乗り出すと、佐藤は「楽屋でもそう言ってくれていて嬉しいです」と、作家冥利に尽きるよう。その佐藤にならって、イベントでは次のシングルで自分が着てみたい衣装を披露して盛り上がっていた。

 さらに、今回の展示へ、佐藤は「小学生のころからよく来ていたので、そのときよりも景色というか建物も変わっていて、そこに、どんと大きく飾られているのが夢みたいです!」と、感激もしていた。

 終了後の囲み会見では、守屋は本展示に「プライベートでも来たい!」というと、菅井は「本当にありがたい」としみじみ。土生は本日の並びを見ながら「緑、白、えんじ、青、黒ときているので次に何が来るのか楽しみです」とも話していた。

欅坂46メンバー1stから5thシングルまでの衣装で並ぶレア光景で思いも!佐藤詩織は自分でデザインの衣装も披露1

欅坂46メンバー1stから5thシングルまでの衣装で並ぶレア光景で思いも!佐藤詩織は自分でデザインの衣装も披露2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする