吉高由里子「なで肩」キャラへ「ジャケットを着たほうが良いよ」とマイペースに気遣いで会場ほっこり!Green支店長就任で「環境負荷軽減」呼びかけ

吉高由里子「なで肩」キャラへ「ジャケットを着たほうが良いよ」とマイペースに気遣いで会場ほっこり!Green支店長就任で「環境負荷軽減」呼びかけ3

 女優・吉高由里子(33)が15日、都内の三井住友銀行内で『SMBC Green プロジェクト』発表会に登場した。

 三井住友銀行が、顧客とともに環境負担軽減に取り組む『SMBC Green プロジェクト』を発足。窓口やATMでの取引に加え、デジタルサービスの拡充によって利便性向上と環境負担軽減へ向けて活動している。

 同銀行カラーのグリーンスーツ姿で登場した吉高。会場に入ってくるなり、同銀行のキャラクターのミドすけへ「なで肩だからジャケットを着たほうが良いよ。私も着てるし」と、マイペースにオススメして会場をほっこりさせる。

 同銀行イメージキャラクターを務める吉高は、今回は「SMBC Green支店長」に任命となり「がんばります。よろしくお願いします」と、笑顔を見せた。

 続けてクイズコーナーへ。そのなかでエコバッグの話題となり、吉高は「ノベルティーとかでも貰う機会が増えてきたので、持つことが多くなりましたね。最初は『袋をいらないです』というのは違和感があったんですけど、(エコバッグを)持っていないと不便な世の中になったので」と、だいぶ慣れてきたそうだ。

 ほかにもクイズで三井住友銀行内では紙資源のうち1番通帳が紙の使用量が多いことや、通帳が年間400万冊発行しており、これを積み重ねると富士山2個分の高さがあると知った吉高は「とんでもない数の大きさですね」と、目を丸くしていた。

 そして、吉高から「やっぱり銀行って多くの方々の生活に密着しているからこそ、『SMBC Green プロジェクト』のような活動は今後大切になっていくと思います。みなさんの意識とかが変わるだけで環境負荷軽減につながると思いました。1人でも多くの方に知って頂けたらと思います。宣伝頑張っていきます」と、意気込みとともに再び、「富士山2個分と考えるとちょっとしたことで地球って変わるんだなと感じましたね」と、しみじみ語っていた。

 ※吉高由里子過去関連記事
 ・神宮寺勇太“アレグラ人”先輩の知念侑李と吉高由里子が「とても心強かったです」!紫色コスチュームは「自画自賛ですがすごく似合っていて」
 ・知念侑李、神宮寺勇太、吉高由里子「アレグラ(R)FX」新広告キャラに起用!チネラー継続の知念「先輩から引き継いだ『アレグラポーズ』に磨きをかけて」【キャラ詳細設定有】
 ・吉高由里子と横浜流星にまつわる裏話など続々で町田啓太でスピンオフ!?三木孝浩監督が映画『きみの瞳が問いかけている』ロングラン大ヒットでQ&A開催

 ※初稿タイトルで吉高由里子さんのお名前をダブって表示しておりました。お詫びして訂正致します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする