鈴木亮平 ハリー風メガネでお茶目さ全開!福山康平へ温かな目

鈴木亮平 ハリー風メガネでお茶目さ全開!福山康平へ温かな目3

 俳優・鈴木亮平が8日、東京・TBS赤坂ACTシアター前で舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』初日を記念したレッドカーペットイベントに登場した。

 “ハリポタ”との略称でも親しまれる『ハリー・ポッター』シリーズの原作者・J.K.ローリング氏自らが原案を練り上げた作品。「家族、愛、喪失」をテーマに『ハリー・ポッターと死の秘宝』から19年後の新たなストーリーを舞台化したもの。世界では7都市目、アジアでは初上演の日本オリジナル・キャストで臨む。なお、上演は無期限のロングランを予定していることも特徴だ。ハリー役はトリプルキャストとなっており、藤原竜也、石丸幹二、向井理が演じることとなり、この日は藤原で幕開けとなる。

 観劇に訪れた鈴木はこの日はメガネ姿を披露し、「きょうはポッター感を出してみました。意外と自分でもいけるなと感じました(笑)」と、お茶目なコメントで笑いをギャラリーの笑いを誘う。

 『ハリー・ポッター』の映像シリーズは「一通り観ているのはもちろんで、影響は受けていますね。USJにあるライドも乗りました。1回ですけど、大好きです」と、思い入れもあるという。

 観劇を目前にして、「もう楽しみが止まりません!とんでもない仕上がりで、すごいらしいですね!2日前にも生ガキを勧められたのですが、怖いんでストップしました。気合十分です」と、楽しみ度合いを窺わせるようなコメントも。

 自身の楽しみなポイントとしては、「今回ハリーたちの物語だけではなく、その子どもたち世代なので、親子の愛情とか、あのハリーたちが親世代になって子供に何を教えるんだろうと楽しみにしています」と、物語のポイントとともに、「大学の後輩の福山康平くんがハリーの息子役(アルバス・ポッター)で出演しているので演技も楽しみにしています」と、後輩へ温かい眼差しも忘れなかった。

 舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』は8日から12月30日までTBS赤坂ACTシアターにて上演予定!なお、2023年1月以降も上演を予定している。

鈴木亮平 ハリー風メガネでお茶目さ全開!福山康平へ温かな目2

鈴木亮平 ハリー風メガネでお茶目さ全開!福山康平へ温かな目5

鈴木亮平 ハリー風メガネでお茶目さ全開!福山康平へ温かな目4

鈴木亮平 ハリー風メガネでお茶目さ全開!福山康平へ温かな目1

鈴木亮平 ハリー風メガネでお茶目さ全開!福山康平へ温かな目6

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする