横浜流星「第14回TAMA映画賞」で最優秀新進男優賞を受賞

横浜流星「第14回TAMA映画賞」で最優秀新進男優賞を受賞1

(c)2022「流浪の月」製作委員会

 俳優・横浜流星が11月12日から27日まで開催される市民がつくる映画ファンの祭典『第32回映画祭TAMA CINEMA FORUM』内の『第14回TAMA映画賞』にて磯村勇斗とともに最優秀新進男優賞を受賞したことが6日、発表となった。

 『TAMA映画賞』は、2009年にスタート。前年10月から当年9月に一般劇場で公開される作品及び監督・キャスト・スタッフを対象に、市民ボランティアの実行委員が選考していることが特徴。「明日への元気を与えてくれる・夢をみせてくれる活力溢れる<いきのいい>作品・監督・俳優」を、映画ファンの立場から感謝をこめて表彰も行っており、今年は11月26日にパルテノン多摩大ホールにて授賞式も執り行われる。

 横浜の受賞した最優秀新進男優賞は『本年度最も飛躍した男優、もしくは顕著な活躍をした新人男優を表彰』するもの。その理由は以下の通り。

 『流浪の月』において、恋人の心が離れていると悟ったときの豹変した姿に心の闇の深さがずしりと伝わり、俳優として底知れぬスケールを感じさせた。

 ほか、受賞作品、俳優は以下の通り。
 ■最優秀作品賞
 ○『LOVE LIFE』
 深田晃司監督およびスタッフ・キャスト一同
 ○『ハケンアニメ!』
 吉野耕平監督およびスタッフ・キャスト

 ■特別賞
 ○芦田愛菜・宮本信子およびスタッフ・キャスト一同
 『メタモルフォーゼの縁側』

 ○小林啓一監督およびスタッフ・キャスト
 『恋は光』

 ■最優秀男優賞
 ○佐藤二朗
 『さがす』『truth ~姦しき弔いの果て~』『バイオレンスアクション』
 ○松坂桃李
 『流浪の月』

 ■最優秀女優賞
 ○倍賞千恵子
 『PLAN 75』
 ○広瀬すず
 『流浪の月』

 ■最優秀新進監督賞
 ○片山慎三監督
 『さがす』

 ○森井勇佑監督
 『こちらあみ子』

 ■最優秀新進男優賞
 ○磯村勇斗
 『ビリーバーズ』『PLAN 75』『異動辞令は音楽隊!』『さかなのこ』『前科者』『彼女が好きなものは』ほか
 ○横浜流星
 『流浪の月』『アキラとあきら』『嘘喰い』『あなたの番です 劇場版』『DIVOC‐12』

 ■最優秀新進女優賞
 ○河合優実
 『PLAN 75』『愛なのに』『ちょっと思いだしただけ』『女子高生に殺されたい』『百花』『冬薔薇』ほか
 ○伊東蒼
 『さがす』『恋は光』『MIRRORLIAR FILMS Season3』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする