赤楚衛二×町田啓太ドラマ「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」が「第58回ギャラクシー賞」内の「マイベストTV賞」グランプリ受賞

 俳優・赤楚衛二主演で、共演に『劇団EXILE』町田啓太を迎え、2020年10月から1クールで放送された“チェリまほ”の略称でも親しまれたドラマ『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(テレビ東京系)が、『第58回ギャラクシー賞』内の『マイベストTV賞』第15回グランプリを受賞したことが13日、NPO法人放送批評懇談会内ホームページで発表となった。

 『ギャラクシー賞』は、テレビ、ラジオの番組、関係者といった放送文化の発展と向上に貢献した番組や個人、団体等を称える賞として毎年開催されている賞となる。『マイベストTV賞』は視聴者の投票で優秀なTV番組を選び出すというもので、審査員は放送批評懇談会の正会員とオンライン会員『Gメンバー』が務める。

 同賞受賞の背景について、「心が読めるようになった主人公と、彼に思いを寄せる同期の男性。ふたりの心の機微を丁寧に描き、ジェンダーを超えた普遍的な愛の物語になりました。そして、人々の心が疲弊しているコロナ禍で、お互いを思いやるふたりの優しさに、多くの視聴者が癒されました。投票では『どんな生き方も否定しない、今だからこそ見たい優しいドラマ』『見終わって、心から人を好きになりたいと思えるドラマ』『“忘れていた 胸の高鳴り”を思い出させてくれたドラマ』という視聴者の賞賛の声が数多く寄せられました」と、説明している。

 さらに、主催者側から審査をした人数について、「マイベストTV賞に参加した『オンライン会員Gメンバー』は、2021年5月10日現在で583名。これに放送批評懇談会の正会員197名が加わった計780名がグランプリ作品の投票にあたった」とし、「グランプリは、2020年4月度から2021年3月度まで投票によって毎月決められたノミネート作38本の中から、最大5本までを投票するという方法で決められた」とし、同ドラマが285票を獲得しグランプリに選ばれたとしている。

 なお、贈賞式は、6月2日にライブ配信を予定しているとしている。

 ※ギャラクシー賞過去関連記事
 ・爆笑問題『第57回ギャラクシー賞』ラジオ部門DJパーソナリティ賞受賞へ「ラジオ・ファンのみなさんのおかげです」とお礼のメッセージ
 ・伊藤沙莉『第57回ギャラクシー賞』テレビ部門個人賞受賞で「自分のペースで頑張っていきたい」!“先輩の素敵な役者さん”からのメッセージを回想
 ・菅田将暉 永野芽郁は女優として「本物になったなって瞬間が多い」と高評価!「ギャラクシー賞」授賞式で「3年A組」は「すごく愛おしい現場」
 ・高橋一生テレビ界に新風吹き込んだ評価でギャラクシー賞個人賞受賞!体重を「なんとか増やしたい」と願望も