岩佐美咲 10周年記念コンサート開催!全シングル表題曲、名曲カバー、新曲初披露など10年の歩みを歌で魅せ「夢や希望を与えられるような歌手に」

岩佐美咲 10周年記念コンサート開催!全シングル表題曲、名曲カバー、新曲初披露など10年の歩みを歌で魅せ「夢や希望を与えられるような歌手に」7

 演歌歌手・岩佐美咲(26)が13日、東京・中野区のなかのZERO(もみじ山文化センター)でコンサート『岩佐美咲 デビュー10周年記念コンサート~絆でつなぐ 未来へ~』を昼夜2回で開いた。

 岩佐は、2012年2月1日『無人駅』で『AKB48』初の演歌歌手としてソロデビューしてから10年目。16年に『AKB48』を卒業し、演歌歌手一本での活動を始めてから5年目というメモリアルイヤーを迎えている。ソロコンサートは、19年1月26日に行って以来、約2年半ぶり。

 会場にはファンが多数詰めかけ、拍手とペンライトで声援を送る中、「このような大変な状況の中、足を運んでいただいた方に感謝の気持ちでいっぱいです。そして、きょうという日を無事迎えられたことにホッとしています。10周年は1つの節目の年ですので、きょうはみなさんに少しでも成長した岩佐美咲を感じていただきたいですし、暗いニュースが多い中、きょうこの時間だけはすべてを忘れて、笑顔でお帰りいただけるよう1曲1曲心を込めて歌わせていただきます」と、心を込めてあいさつし、デビュー曲『無人駅』から最新の第9弾シングル『右手と左手のブルース』まで、これまで発売したシングルの表題曲すべてを歌唱。

 オリジナル以外では、昭和の名曲カバーからテレサ・テンの『時の流れに身をまかせ』、山口百恵の『イミテイション・ゴールド』、久保田早紀の『異邦人』で大人の魅力あふれる歌声を披露し、アコースティックの弾き語りであいみょんの『マリーゴールド』(1部と2部で楽曲を変更)をさわやかに歌い上げ、さらに松田聖子の『瑠璃色の地球』などを熱唱してみせた。

 最後に10周年を振り返る映像を披露し、アンコールでは、10月6日発売予定の通算10枚目のニュー・シングル『アキラ』をひと足早く初披露。全23曲のバラエティーに富んだ選曲と10年間の集大成ステージで終始、客席を魅了した。

 この10年を振り返って「17歳でデビューした日がきのうのようです。この10年、いろいろな思い出がありますが、その中でも特に『無人駅』でソロデビューした年にデビュー・イベントを千葉の国吉駅で行った光景はいまだに忘れられません。人生の中で一番刺激的で濃密な1年でした。ここ最近、歌う場が減ってきて、あらためてエンターテイメントの重要さを再認識しました。歌には人を元気にする力があると感じたので、もっともっとたくさんの方に岩佐美咲の歌を聴いて頂けるようになりたいですし、私の歌で元気になってもらえたらうれしい。夢や希望を与えられるような歌手になりたいです」と、気持ちを話していた。

 この日の模様は、オンデマンド配信=8月29日から9月4日までStreaming+で配信。コンサート本編に加え、コンサート中に流れたスカイダイビング初体験映像の長編版、岩佐美咲メイキング映像付きとなっている。

 ※岩佐美咲過去関連記事
 ・岩佐美咲 新曲「佐渡の鬼太鼓」イベントでファンに「雨も嵐も私が傘になる」と誓い!作詞の秋元康氏から「歌がうまくなった」2018年2月27日
 ・岩佐美咲 新曲「佐渡の鬼太鼓」4度目のソロコンで初披露!歌唱時は「結構頭が真っ白で間違えないようにと必死でした」とも
 ・わさみん岩佐美咲が東京湾岸警察署一日署長で6曲のミニコンサートも!交番のおまわりさんとの温かいエピソード披露

岩佐美咲 10周年記念コンサート開催!全シングル表題曲、名曲カバー、新曲初披露など10年の歩みを歌で魅せ「夢や希望を与えられるような歌手に」1

岩佐美咲 10周年記念コンサート開催!全シングル表題曲、名曲カバー、新曲初披露など10年の歩みを歌で魅せ「夢や希望を与えられるような歌手に」2

岩佐美咲 10周年記念コンサート開催!全シングル表題曲、名曲カバー、新曲初披露など10年の歩みを歌で魅せ「夢や希望を与えられるような歌手に」3

岩佐美咲 10周年記念コンサート開催!全シングル表題曲、名曲カバー、新曲初披露など10年の歩みを歌で魅せ「夢や希望を与えられるような歌手に」4

岩佐美咲 10周年記念コンサート開催!全シングル表題曲、名曲カバー、新曲初披露など10年の歩みを歌で魅せ「夢や希望を与えられるような歌手に」5

岩佐美咲 10周年記念コンサート開催!全シングル表題曲、名曲カバー、新曲初披露など10年の歩みを歌で魅せ「夢や希望を与えられるような歌手に」6

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする