鈴木亮平 日本アカデミー賞壇上で松坂桃李へ「1番僕を悪く見せてくれるのが桃李くんだった」や殴る演技で「すごい!松坂桃李!すごい!!」に松坂も「さすが亮平さん!!」【主なやりとり有】

 俳優・鈴木亮平(38)が11日、東京・品川の品川プリンスホテル 新高輪で開催された『第45回 日本アカデミー賞』授賞式に映画『孤狼の血 LEVEL2』(監督:白石和彌/配給:東映)で優秀助演男優賞を受賞したことから登壇した。

 映画『孤狼の血』は、昭和60年代の広島・呉市をモチーフとした場所が舞台。一匹狼という言葉がふさわしい一癖も二癖もある暴力団係の刑事・大上章吾(役所広司)と、その大上につけられた松坂桃李演じる新人刑事・日岡秀一が、地元で抗争を繰り広げている2組の大規模なヤクザ組織と渡り合っていくハードボイルド作品として2018年に公開。大きな反響を呼び、第42回 日本アカデミー賞をはじめ数々の映画賞を総なめにするなど旋風を巻き起こしており、本作は日岡を主役に据えた続編となる。鈴木は『孤狼の血 LEVEL2』で日岡に立ちはだかる巨悪の上林組組長・上林成浩役を好演した。

 役作りについて質問が飛ぶと、広島弁のことに触れた鈴木は、「春に初めての緊急事態宣言があって、僕の広島出身の俳優の方とリモートで繋いで、ずっと広島弁の練習してました」と、準備していたという。

 さらに上林の髪型は鈴木から提案したものだったとも。「昭和・平成あたりの髪型を調べて、当時のビートたけしさんのような髪型にしたいと思って。それでお願いしたんですが、どうも髪質が違ったみたいで、できあがったら全然違うものになってました」と、苦笑いを浮かべていた。

 続けて松坂についてのコメントを求められると「本当にこの映画では1番僕を悪く見せてくれるのが桃李くんだったんです」と切り出す。上林が雨の中、日岡を殴るシーンでそのことを強く感じたようで、「3発殴るだったんです。けど……本当はやっちゃいけないんですけど、4発目を行ったら、パーンとリアクションしてくれて、“すごい!松坂桃李!すごい!!”と思って」と、打ち合わせにない演技をしっかり受けてくれたというエピソードを披露。

 これに同作で優秀主演男優賞を受賞した松坂も出席していたとことから、コメントが求められると、「お互いこの時、土砂降りが降ってて、熱量高くなってたので、亮平さんならもう1発来るかなと思って、“さすが亮平さん!!”という感じで受けました」と、当時を再現するような殴られるふりをしながら笑顔で答える。鈴木もこれを聞いて「何回も共演しているので阿吽の呼吸でできました」と返し、2人の関係性を窺わせるようなやりとりが繰り広げられていた。

 その後、鈴木は最優秀助演男優賞を受賞となった。(詳報:鈴木亮平「第45回 日本アカデミー賞」の最優秀助演男優賞に輝き声震わせながら「もう感謝したい人だらけ」【スピーチノーカット】

 ※鈴木亮平過去記事
 ・岡田准一&鈴木亮平の行動にスタッフ「あああっ!!!」と絶叫で止める一幕!原田眞人「燃えよ剣」スピンオフなどのために呼びかけも
 ・松坂桃李 鈴木亮平とは「目線のやり取り」で“会話”や「孤狼の血」続編聞いたときは「脚がガクガクしました」!西野七瀬 村上虹郎の頼もしいエピソードも披露
 ・鈴木亮平が松坂桃李の“日岡秀一”肖像画描いて全国20万枚限定で入場者プレゼントへ!「手放したくないほどに愛着がわいた」

 ※記事内写真と記事SNSは事前レギュレーションに従い削除いしました。

 ※記事内写真は(c)東京写真記者協会

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする