松坂桃李 役所広司から「孤狼の血 LEVEL2」の日岡役は「完璧ですね」に笑み!“俳優業界で有名”な前張りの“松坂モデル”に仲野太賀の「素晴らしいシーンができた」【主なやりとり有】

松坂桃李 役所広司から「孤狼の血 LEVEL2」の日岡役は「完璧ですね」に笑み!“俳優業界で有名”な前張りの“松坂モデル”に仲野太賀の「素晴らしいシーンができた」【主なやりとり有】1

 俳優・松坂桃李(33)が11日、東京・品川の品川プリンスホテル 新高輪で開催された『第45回 日本アカデミー賞』授賞式に主演映画『孤狼の血 LEVEL2』(監督:白石和彌/配給:東映)で優秀主演男優賞を受賞したことから登壇した。

 映画『孤狼の血』は、昭和60年代の広島・呉市をモチーフとした場所が舞台。一匹狼という言葉がふさわしい一癖も二癖もある暴力団係の刑事・大上章吾(役所広司)と、その大上につけられた松坂桃李演じる新人刑事・日岡秀一が、地元で抗争を繰り広げている2組の大規模なヤクザ組織と渡り合っていくハードボイルド作品として2018年に公開。大きな反響を呼び、第42回 日本アカデミー賞をはじめ数々の映画賞を総なめにするなど旋風を巻き起こしており、本作は日岡を主役に据えた続編となる。

 トークパートでは、前作の主人公である役所の隣の席という形ということもあり、役作りについて尋ねられた松坂は「役所さんの隣でこれを答えるのもなんとも言えない緊張感があります。亮平さんも言ってくださいましたが、役所さんが居ない中での緊張感であったりとか、居ないからこそ、みんなで一致団結して、前作を超えるすごいものを作るぞという気持ちでやらせて頂きました」と、士気が高まったという。

 映画『孤狼の血』の際に、役所から大上が使用していたライターをプレゼントされたという松坂。「あのライターは僕の中ではお守りのような感じです。前作から『LEVEL2』の撮影に入るまでも手に馴染むような感じで使っていたりとか、そういうことをやりながら、思い入れが強いライターになっていました」と、助けられたという。

 そんな松坂が演じた日岡を見て役所から「完璧ですね」と、ただ一言伝え、これには松坂にも笑みが浮かぶ。続けて役所は「白石監督が『LEVEL2』を作るといったときに、金子昇さんがやったみたいに、どっかの悪い親分で出りゃいいじゃないと言われたんですけど、とうとう出してもらえなくて。とても残念でした」と、心残りも話していた。

 ちなみに、役所は自身が主演した映画『すばらしき世界』(配給:ワーナー・ブラザース映画)のトークで、仲野太賀演じるTVディレクター・津乃田龍太郎と銭湯に一緒に入り背中を流してもらうシーンの話をしている際に、「僕たち裸になるときに前張りで隠すところがあるんです。それをスタンバイしていたら、太賀くんの前張りがどうもうまくいってなくて、フィット感がなくてガバガバしている感じがしたんです。おかしいなと思って見せてもらったら逆さだったんです。それで、僕が以前、松坂くんに教わってて、“松坂モデル”をやろうと。業界では有名なんですよ(笑)。ええ。こんな話をTVでしていいのかな(笑)。僕が教えてピタッと来ました」という話が飛び出し、この発言中、松坂は苦笑いしっぱなしの状況に。

 この“松坂モデル”について松坂は「たまたま僕も以前の作品で、結構は裸になる作品があって、そこでは服を着るより前張りする回数の方が多いという感じで、そこで自分の中でぱっと付けることができて、かつすぐとれて、新しいものにつけかえることができる。ものすごい早い、いい前張りの作り方を発見したんです。それを役所さんにお話する機会があったのでお話したら、バッと広がって(笑)」と、松坂も役所にお返しをしていたそうで、役所は「お風呂場の太賀くんの素晴らしいシーンができたんですよ」と、笑みを浮かべていた。

 ※松坂桃李過去記事
 ・松坂桃李 鈴木亮平とは「目線のやり取り」で“会話”や「孤狼の血」続編聞いたときは「脚がガクガクしました」!西野七瀬 村上虹郎の頼もしいエピソードも披露
 ・松坂桃李 撮影に苦労で「終わった後にガニ股」や鈴木亮平自分の発言きっかけで滝藤賢一から「息ができなかった」ほどの蹴り食らう!西野七瀬は「むっちゃ、めんどいわ」
 ・松坂桃李「命のしまい方」語るも西田敏行&泉谷しげるからイジり倒される愛されぶりで意見変更!柳葉敏郎の手を握る演技から学んだことへ感謝の一幕も

 ※記事内写真と記事SNSはレギュレーションにより5月2日までに削除いたします。

 ※記事内写真は(c)東京写真記者協会

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする