高橋一生 星野源とは“源ちゃん”“いっちゃん”の仲!「ドキドキしながら撮影」

高橋一生 星野源とは“源ちゃん”“いっちゃん”の仲!「ドキドキしながら撮影」5

高橋一生 星野源とは“源ちゃん”“いっちゃん”の仲!

 俳優・高橋一生(38)が23日、東京・有楽町朝日ホールで映画『引っ越し大名』(監督:犬童一心/配給:松竹)完成披露試写会を主演の星野源(38)、高畑充希(27)、及川光博(49)、小澤征悦(45)、正名僕蔵(48)、『ずん』飯尾和樹(50)、犬童監督(59)とともに開いた。

 『超高速!参勤交代』シリーズで新たな時代劇のジャンルを開拓した作家・土橋章宏氏の傑作時代小説『引っ越し大名三千里』が原作。テーマは国替えこと“引っ越し”!その“引っ越し”を幕府から生涯に7回も命じられ、『引っ越し大名』と呼ばれた実在の大名・松平直矩(なおのり)のエピソードを基に、お国の一大事を救うため、姫路藩の藩士たちが、あらん限りの知恵と工夫で引っ越しを乗り切ろうと奮闘する物語。星野は費用が莫大にこのプロジェクトの鍵を握る『引っ越し奉行』に任命された引きこもり侍・片桐春之介を演じ、高橋は春之介の幼馴染で春之介を表舞台へと引っ張り出す鷹村源右衛門役を演じた。

 星野ら浴衣姿のキャスト一同で城のセットを“引き”ながら登場した高橋。作品を熱弁し、「すごく面白くて笑っちゃって、最後はすごく感動するし、本当になかなかない」という星野に、高橋も「僕も源ちゃんと同じで、すべて面白いんですよね。なので監督とお話して、キャストのみなさんとお芝居をして、自信作に仕上がったと思います」と、胸を張る。

 見どころへは、星野が高橋の殺陣を挙げ、「結構大変で、いっちゃん(高橋)がすごく頑張ってくれているんですけど、砂浜でやるのでみなさんヘトヘトな状態になって」と状況を話すと、及川は「とにかく一生くんが、めちゃめちゃ格好いい!」という。

 高橋としては、「3メートルくらいの槍が重すぎたんです。先端にいけばいくほど重みがあって、振り回しているときにピタッと止めたら、(穂先が)ジュラルミンで砂浜に刺さったことがあって。ケガをしないかなとドキドキしながら撮影していました」と、安全に気を配っていたそうだ。

 映画『引っ越し大名』は8月30日より全国公開!

 ※関連記事
 ・星野源 高橋一生&及川光博と“国産ホワイトアスパラ三兄弟”結成!「まんじゅう痛い」と恐怖の出来事も?
 ・ミッチー及川光博まるでドラマのような高校時代のエピソード披露で歓声に投げキッス!「バカ殿ならぬ、“エロ殿”です」と色気ムンムン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする